日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【憲法改正について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1947/05/04 毎日新聞朝刊
[社説]日章旗国民の手に
 
 新憲法は三日から実施され、大日本帝国は日本国となった。この民主日本の門出を祝福する催しが全国で行われたが、東京では宮城前広場で記念式典が挙げられ、人間天皇となられた陛下も臨場して国民と喜びをわかたれたのである。この新憲法発足の日を迎えるに当って、マッカーサー元帥は二日吉田首相に「●立憲政府の三主要部門を代表する国会、最高裁判所及び首相官邸の内と上空に、また国家と国民統合の象徴としての立憲的役割を果される天皇の居所構内及び屋上に、心おきなく掲げるために、日本国民に返還されることは、特に時宜にかなったものと信ずる」との祝辞を寄せた。この言葉にはまことに深い意義がある。
 ゆうまでもなく、国旗は国家の●、国体を表徴する。その制定の由来は国によって異なっているが、いずれの場合を問わず●・・・ており、それは国家の独立と主権の存在を意味するものである。米国国旗がこの連邦国家を形成する四十八州を星条をもって表しているこというまでもない。わが国の国旗は明治三年一月十七日制定され、太陽の徳とその恵みを理想的表号とし、赤い円は祖国愛、進取、円満を、白地は平和と正義を表徴するといわれて来たのである。
 しかし、かかる日本の理想と精神と生命を表徴する国旗が、その後いかに●れる指導者によって軍国主義、無謀な国家主義のシンボルであるかのように、国の内外にひるがえって、世界の平和を●り、国家と国民を奈落●して来たかは、ここに述べるまでもない。しかるに今や国民の自由な意思の表明によって、象徴的天皇制の下、個性の自由に徹する平和的民主憲法は制定され、主権を保有するに至った国民は、国家の名誉にかけ、全力を挙げて新憲法が明示する崇高な理想と目的に向って、実践への第一歩を踏み出したのである。ここに新憲法によって民主日本の世界に示す大道は開かれ、この時に当って、われわれ国民に返還された日章旗は、この日本国と日本国民の新たな理想と精神と生命を象徴するものである。仰ぐ日の丸の旗こそ変っていなくても、そこには民主主義、平和主義、文化主義●しようとするわれわれの理想、精神、生命がみなぎっているのである。われわれは心からなる喜びをもって、この国民への国旗の返還を喜び、同時にそれに恥じざる民主国家の完成を誓わねばならぬ。

(日本財団注:●は新聞紙面のマイクロフィルムの判読が不可能な文字、あるいは文章)

 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
27位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
274,354

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から