日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【憲法改正について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1990/08/23 朝日新聞朝刊
“沈黙”にいらだつ米 日本は何を考えどう行動するのか 中東問題
 
 【ワシントン22日=内藤特派員】中東危機が緊迫の度を加える中で、米国内では、日本の“沈黙”に対する不満がじわじわと強まっている。米政府はいまのところ、日本の経済制裁措置を高く評価し、さらに日本の協力に期待するとの姿勢を示しているが、米国民の間では、「新超大国(日本)はどこにいる?」というニューズウイーク誌最近号の記事が象徴しているように、これまでの日本の対応にあきたりなさを感じている向きが多い。
 米マスコミの報道などによって、米国民の多くは、先進工業国の中で、中東石油への依存度が最も高いのは日本だと承知している。「日本の石油を守るために、なぜ米国が犠牲を払わねばならないのか」といった疑問は多数の米国民に共通する。
 半面、日本が憲法によって海外派兵を禁じられていることも、繰り返し報道されている。米国内世論も、憲法改正を求めているわけではない。日本に対する不満のかなりの部分は、この危機に際して、日本が何を考え、どう行動しようとしているのかが、米国民に分かる形で伝えられていないことにある。
 ブッシュ大統領は、海部首相とも話し合ったことを米国民に披露したが、イラク軍のクウェート侵攻以来、首相自身の発言は一度も伝えられていない。サッチャー英首相が「欧米の婦女子を盾に使い、その陰に隠れようとしている」とフセイン・イラク大統領を鋭く非難したのとは、余りに対照的だ。
 これまで日本政府は、対米交渉ルートを政府間1本に絞り、決定済みの政策のPRはしても、広く米国内向けに、日本の考え、取り得る選択をあらかじめ伝えることには重点を置いてこなかった。現在の危機的状況下で、この手法は、日本の対応に米国民が感じているいらだちを静めるどころか、増幅することになりかねない。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
25位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
273,031

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から