日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「在日ブラジル青少年の生活および意識調査」報告書

 事業名 在日ブラジル青少年の暮しの質向上のための調査およびワークショップ開催事業
 団体名 浜松NPOネットワークセンター  


ブラジル人学校を去っていく子どもたち
コレージオ・ピラゴラス 浜松校
校長 ペドロ・メンデス・ネト
 
 在日ブラジル人家族にとって最も必要なのは、父母が仕事をしている間に、誰かが子どもたちの面倒をみることです。残念ながら、子どもたちの学習は彼らにとって二の次であり、それは、彼らが仕事を失った時に顕著に現れ、子どもたちに退学を望むことが多々あります。そして、彼らが新たに仕事を得ると、子どもたちが復学することを望み、子どもたちは学校に帰ってきます。
 
 母親の給料は、住居費や食費、通信費、衣類や雑貨の購入に充てられ、父親の給料は貯蓄にまわされます。彼らにとって、子どもの教育は一つの支出であり、子どもたちの将来にかけた投資とはなりません。子どもたちの昼食費さえ削ろうと、支払いをしない父母もいます。
 
 このような価値観を持ちながら、時に彼らは新しい車やオーディオ機器を買い、高価な贈り物を子どもたちにするのです。学費の支払いは遅れ、一月二月と滞納が増え、その後彼らは支払いを拒否するようになり、ついには支払いを逃れるように他の都市に移り住んでいきます。彼らがブラジルヘの帰国を決めると、ほとんどは所持金を帰国のための旅費にあて、学費の滞納を無視することになります。これによりブラジル人学校は大きな損害を受けるのです。
 
 失業に直面した父母が、子どもたちを日本人学校に戻すことも度々あります。このような状況の中で、子どもたちは混乱に陥り、父母の誤った理解の被害者となるのです。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,023位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
2,000

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.『KOKORO-NETと私』
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から