日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

海洋活動マニュアル(カッター・ヨット・カヌー・ロープワーク)

 事業名 団員拡充モデル事業
 団体名 日本海洋少年団連盟 注目度注目度5


2. ロープについて
 
(1)ロープの構成
 ロープには右より(Sより)と左より(Zより)があります。左よりを例にロープの構成を説明すると、ロープの端を細かく解いてみると、細い繊維が出てバラバラになります。この繊維を束ねて左よりによったものがヤーンです。ヤーンを5〜6本合せ右よりによったのがストランド。ストランドを3〜4本合せて左よりによったのがロープとなります。
 
 
 
 
 
 
(2)ロープの種類
 ロープの中には、ロープ、ホーサー、ワイヤロープなどがありますが、繊維索では、直径4センチ(40mm)以上を大索(ホーサー)と呼び、0.9センチ(9mm)以下を細索(スモールスタッフ)と呼び、その中間の太さのものを一般的に索(ロープ)と呼んでいます。海洋少年団で用いる索は、0.6cmですから、細索(スモールスタッフ)ですが、一般的にロープと呼んでいます。
 材質による呼び名は、綿や麻の繊維ナイロンなどの合成繊維でつくられたのがファイバーロープ、鋼線でつくられたのがワイヤーロープです。
 センニットは、ヤーン3本以上で編んだ雑用の短索で、ストッパーや防舷物を編んだり包ひもに用いられます。
 
3. ロープワークの基本
 
(1)ロープ各部の名称
 ロープの中間部は「体」、ロープの両端を「手」といいます。結びは「手」を「体」にからませたり、「手」と「手」を組み合せたりしてできます。
 
 
 
(2)結びの原形
 曲げ(バイト)結びを作るために曲げた形
 
曲げ
 
 
 曲げ輪(ループ)手と体を交差してできる輪
オーバーハンド・ループ
 
 
アンダーハンド・ループ
 
 目(または輪)曲げ輪の中手を通します。
 引き締めると結び目になります。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
40位
(31,386成果物中)

成果物アクセス数
215,313

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月20日

関連する他の成果物

1.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(愛知県連盟版)
2.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
3.日本造船学会論文集 第191号及び第192号
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から