日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

海洋活動マニュアル(カッター・ヨット・カヌー・ロープワーク)

 事業名 団員拡充モデル事業
 団体名 日本海洋少年団連盟 注目度注目度5


8. バランス
 ひざで艇を内側から押しつけながら、腰を左右に振るようにしてカヌーを傾けてみましょう。上半身はリラックスさせながら脇腹を収縮させて腰を返し、重心をカヌーの上に保って、思いきって艇を傾けてみましょう。
 からだの重心が艇の上にある限り、カヌーは相当傾けても転ばない(沈しない)ものです。大きな波の凸凹にも、腰の回転でバランスを保つことができます。
 傾いた艇は傾いた側の脇腹が縮んで、窮屈な状態から元に戻ろうとする反動を利用して復元させます。
 腰を返して重心の移動を防ぐバランスだけでは抑えきれないほどカヌーが大きく傾いたとき、パドルを利用して艇を復元させる方法がブレスです。
 
 
 
 
 
(1)ローブレス
 パドルを低い位置で構え、ブレードのバック(裏側)で水面を押さえつけるようにして、上半身を支えながらバランスを保ちます。
 
 
 
(2)ハイブレス
 パドルを上にかかげた状態で、ブレードのフェイスで水面を押さえつけ、上半身を支えながらバランスを保ちます。
 
 







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
43位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
210,699

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(愛知県連盟版)
2.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
3.日本造船学会論文集 第191号及び第192号
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から