日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

「海と船の企画展」図録:房総の漁?海と川?

 事業名 海事博物館ネットワークの構築
 団体名 日本海事広報協会 注目度注目度5


【すくい網】
 すくい網は、サデ網・タモ網とよばれ、柄をつけた円形や角型の枠に網を張って袋状にしたもので、水中の魚類をすくい上げて獲ります。現在は、タモ網などは各漁の補助具として多く使われています。
 
【敷網】
24. 四つ手網「千繪の海 総州利根川」
(千葉県立上総博物館)
 
 敷網は、網を水の中に敷くように広げておき、この上に集まる魚を下から包むように網を引き上げて捕獲するものです。水中の網の位置により、浮敷網や底敷網等に分けられます。四つ手網や八手(はちだ)網・棒受網等がこの仲間です。この網では、淡水ではフナやワカサギ・カワエビなどの小魚類が主で、海ではイワシ・サンマ・アジ・サバ等を獲りました。四つ手網漁や八手(はちだ)網漁はほとんど行われなくなり、棒受け網漁は、サンマ漁などで行われています。
 
【曳網】
 曳網は、網を囲い込んで曳くことにより魚を獲るものをいいます。網を曳くには、人や船等を用います。曳網は、魚の群をその外側からぐるりと取り囲む必要があることから、網の長さは非常に長くならざるを得ませんでした。よく知られる地曳(引)網の場合、200m〜400m以上にもなりました。
 
(拡大画面:26KB)
地曳網各部の名称
 
35. 地曳絵馬(大原町 玉前神社)
 
 地曳網は、その名の通り地(浜)で網を曳き上げるもので、大勢の人手やロクロと呼ぶ巻車を使い、江戸時代から大正期にかけて九十九里浜沿岸を中心にイワシを獲るため盛んに行われた網漁でした。イワシは、木綿の普及による綿花栽培のための肥料としての干鰯や〆粕に加工されたのでした。地曳網の網張りの方法には、大きく2種あります。一つは、網の片方の端を浜に残したまま、もう片方を船を漕ぎ出してイワシの群を包むように網を下ろしながら浜に戻り、この網をイワシもろとも浜から曳いて上げるという方法。もう一つは、2隻の網舟が沖から左右にイワシの群を取り囲むように網をおろしながら浜に向かい、浜ではこの網を曳き揚げるというものです。網は、上端にアバ・ウケと呼ぶ浮木、下端にイワなどと呼ぶ錘を取り付け、さらに長い袖網の中央には、魚を取り込むための網目の細かい先端をすぼめた袋網を取付けてありました。この袋網の大きさは、大きいものでは長さが約70m、口の広さ15mほどにもなる巨大なものです。大漁のときには、この袋網が一杯になるほどでした。地曳網漁は、イワシ漁の漁獲減少とともに少なくなってきました。
 
196. 地曳網曳き上げ「房総水産図誌」より
(愛知県 西尾市岩瀬文庫)
 
 沖合に出て、船で網を曳き揚げるものには、手繰(たぐり)網や底曳(そこびき)網などがあります。この漁法では、イワシ・ボラ・アジ・サバ・サケ・ブリ・マグロ・カツオ・タイなどを獲りました。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
596位
(28,694成果物中)

成果物アクセス数
14,865

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年4月22日

関連する他の成果物

1.「海と船の企画展」統一ポスター
2.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
3.「海と船の企画展」図録:豊饒の島の物語
4.「海と船の企画展」図録:海と船と漁労の記録
5.「海と船の企画展」図録:海の日フェア
6.「海と船の企画展」図録:ヤドカリの世界
7.「海と船の企画展」図録:上田毅八郎さんが描く帆船と近代客船
8.「海と船の企画展」図録:朝鮮通信使
9.「海と船の企画展」図録:港町室積の海の写真・資料と船模型展
10.「海と船の企画展」図録:結びの技と道具?帆船時代からの船員の技術?
11.「海と船の企画展」図録:風をとらえて
12.「海と船の企画展」開状況写真
13.体験乗船開催状況
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から