日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

「海と船の企画展」図録:房総の漁?海と川?

 事業名 海事博物館ネットワークの構築
 団体名 日本海事広報協会 注目度注目度5


【見突き漁】
 海底を覗き見て、様々な道具を用い魚介類を突いたり、海草類を刈ったりする見突き漁は海水がきれいで透明度の高い房総半島南部の岩礁地帯で盛んに行われていました。
 小船を用いて行うのが一般的で、内房の波の穏やかな岩礁の内側などでは見る、漕ぐ、突くの一人三役をする「ひとり見突き」、波の荒い外房の磯では「ふたり見突き」が行われています。これ以外には磯から行う「徒歩(かち)見突き」もみられます。
 海底を覗き見るにはハコメガネを用い、明治時代後期ころからは水面との境にガラスを装着します。それ以前は、菜種油などを口に含み海面に吹きつけ、油膜によって海面の波や反射を押さえて透視する方法がとられていました。いずれにしても、ひとり見突きの場合は片手で櫓、もう一方でヘシを持つため、ハコメガネは上部の平板を歯で噛んで(かんで)固定しました。房総各港や使用する人によって少しずつ形が違っており円筒型、楕円形、台形型などの種類があります。館山市布良(めら)のもの(109)は上下二段に分かれており、使用する条件の違いで使い分けていたものと思われます。
 
109. ハコメガネ(千葉県立安房博物館)
 
 また、普通のヘシでは届かない、ヒラメ、アンコウなどが生息する水深の深いところでは、フンドンビシを用い、獲物目がけて落下させることで捕獲しました。
 現在では見突き漁をする小型船を見る機会はどんどん減少しております。
 
111. フンドンビシ(千葉県立安房博物館)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
577位
(29,265成果物中)

成果物アクセス数
15,896

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年1月13日

関連する他の成果物

1.「海と船の企画展」統一ポスター
2.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
3.「海と船の企画展」図録:豊饒の島の物語
4.「海と船の企画展」図録:海と船と漁労の記録
5.「海と船の企画展」図録:海の日フェア
6.「海と船の企画展」図録:ヤドカリの世界
7.「海と船の企画展」図録:上田毅八郎さんが描く帆船と近代客船
8.「海と船の企画展」図録:朝鮮通信使
9.「海と船の企画展」図録:港町室積の海の写真・資料と船模型展
10.「海と船の企画展」図録:結びの技と道具?帆船時代からの船員の技術?
11.「海と船の企画展」図録:風をとらえて
12.「海と船の企画展」開状況写真
13.体験乗船開催状況
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から