日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【イラク戦争について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2003/05/01 読売新聞朝刊
2005年にパレスチナ国家樹立 中東和平へ米が行程表を提示
 
 【ワシントン=永田和男】米政府は三十日、イスラエル・パレスチナ紛争の最終的な解決を目指し、二〇〇五年末までにパレスチナ国家を樹立してイスラエルと平和共存させる道筋を示した「ロードマップ」(行程表)をイスラエルとパレスチナ自治政府に正式に提示した。ロードマップは駐イスラエル米大使がシャロン首相の自宅を訪ねて手渡した後、自治政府のアッバス新首相にも届けられた。パウエル米国務長官は今月八日からの中東歴訪でイスラエル、パレスチナ双方を訪ねる予定で、イラク戦争でフセイン体制を排除したブッシュ政権が、戦争で高まった中東での反米感情にも配慮、中東問題の核心であるパレスチナ紛争解決に本腰を入れる姿勢をアピールするものだ。
 ロードマップは中東和平に取り組む米国とロシア、欧州連合(EU)、国連の「四者協議」で昨年末までにほぼ内容が固まっていたが、テロ反対を明言するアッバス首相の内閣が正式発足したのを受けて当事者に提示された。
 具体的には<1>二〇〇〇年九月以来続くイスラエル、パレスチナ間の暴力停止と信頼醸成<2>二〇〇三年末までにパレスチナ暫定国家樹立<3>エルサレムの帰属やイスラエルとパレスチナの境界画定、難民問題などを巡る交渉を経て二〇〇五年にパレスチナ国家樹立――の三段階に分けられ、各段階でパレスチナ、イスラエル、「四者」、周辺アラブ諸国の義務が細かく規定されている。<関連記事7面>
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
48位
(28,998成果物中)

成果物アクセス数
179,229

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年8月19日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【教育問題について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から