日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【イラク戦争について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2003/04/13 読売新聞朝刊
[社説]イラク戦後復興支援 「いま何をすべきか」で判断せよ
 
 イラク戦争が急速に終結に向かう中で、国際社会の関心は戦後復興に移っている。しかし開戦前に生じた米欧間の亀裂はなかなか埋まりそうにもない。
 川口外相が、英独仏三か国の各外相と会談し、戦後復興へ国連の十分な関与が必要との認識では一致した。だが、復興に関する国連決議では各国の思惑が異なり、当面、採択は困難なことを改めて確認する形となった。
 外相訪欧の狙いは、米欧の関係修復と復興支援の国連決議の可能性を探ることだったが、その狙いは外れた。
 一方、独仏露三か国首脳会談も、戦後復興について、暫定行政機構の設立を含め、国連が中心的役割を担う形で進めるべきだとの立場を再確認した。会談後の共同会見では、三首脳が米国主導で復興を進める構えの米国を牽制(けんせい)するなど、溝の深さをあらわにした。
 日本は、こうした主要国の足並みの乱れを踏まえた上で、復興支援にあらゆるレベルで参加していくという観点から、その在り方を考えていく必要がある。
 イラクの戦後復興では、米軍による軍政、イラク人による暫定行政機構、選挙を経た本格政権という三段階のシナリオが想定されている。
 米軍による軍政では、米国防総省の下に発足した「復興人道支援庁」(ORHA)が民生部門を担当する方向だ。
 民生部門への要員派遣をめぐっては、政府部内にいろいろな議論があるが、日本は、要請があれば応じるべきだ。
 この問題については、福田官房長官の発言が「文民なら派遣は可能」とした後で訂正されるなど、二転三転した。
 「ORHAの復旧活動が、米軍の治安維持と一体化すれば、武力行使を禁じる憲法に抵触しかねない」という慎重論が政府部内に出たことが背景にある。
 世界と日本はいま、憲法が想定したことのない状況に直面している。伝統的な“神学的”憲法解釈手法で、「何ができないか」ばかりを論じる時ではない。憲法も、日本がなすべきことは何か、何ができるかという観点から、前向きに解釈すべきである。
 軍政から、暫定行政機構発足という段階に進めば、日本は自衛隊の派遣を含む本格的参加で、イラクの復興に積極的に協力していく必要が出てこよう。
 国連平和維持活動(PKO)協力法では自衛隊の派遣は難しい。自衛隊も活用できる復興協力のための法制整備を急がねばならない。
 イラク復興支援にできるだけの協力をするのは、米英の軍事力行使を支持した日本政府の責任でもある。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
47位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
179,023

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【教育問題について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から