日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【イラク戦争について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2003/04/07 読売新聞朝刊
[社説]パレスチナ こちらの和平構築も重要だ
 
 イラク戦争後の復興問題をめぐり、関係各国の動向にあわただしさが増している。これと並行して、中東地域の安定にとって同様の重要性を持つ中東和平にも、動きが出てきた。
 ブッシュ米大統領は先月、条件付きながら和平のためのロードマップ(道筋)を、イスラエル、パレスチナ双方に提示する考えを表明した。
 ロードマップは、大統領が昨年示したイスラエルとパレスチナの二つの国家共存構想をもとに、米国、ロシア、欧州連合(EU)、国連の四者が協議し、大筋で合意したとされる。イスラエル総選挙などを理由に、発表を遅らせてきた。
 二〇〇〇年秋に始まった双方の暴力の応酬で、それまで和平交渉のベースとなってきたオスロ合意が崩壊した。以来、和平交渉の手掛かりは完全に失われていた。双方に影響力を持つ米国が、新たな構想を携え、主導的な役割を果たす意欲を見せたものとして期待したい。
 懸念がないわけではない。ブッシュ大統領の発言の時期が、ちょうどイラク戦争の開戦前に当たっていたこともあり、イラク攻撃に批判的な欧州や、中東イスラム諸国の世論の懐柔を狙ったものとも受け取られた。
 米国は、敢然として和平仲介に臨み、こうした懐疑を払拭(ふっしょく)すべきだろう。
 ブッシュ大統領は、パレスチナ自治政府に、「真の権限」を有する首相の就任を求め、それが認定できた段階で、ロードマップを提示するとしている。
 アラファト自治政府議長は既に、アッバス・パレスチナ解放機構(PLO)事務局長を首相候補とし、組閣を命じている。問題は、アッバス氏が、権限を持った首相として、十分な実績を上げることができるかどうかだ。
 自由で公正な選挙を実施し、財政や司法改革を推進しなければならないが、何よりも、過激派によるテロや暴力を取り締まる必要がある。
 イスラエルのシャロン政権も、占領地への軍事弾圧を繰り返すのではなく、双方が歩み寄れるような素地を作るべきだろう。そのためには、占領地での入植地建設を、やめなければならない。
 ロードマップによれば、今年中にパレスチナ暫定国家を創設することを目指して、最終交渉を経た後、二〇〇五年にも、イスラエル・パレスチナ紛争の終結を目標としている、という。
 当事者の真剣な取り組みが必要だが、四者を中心とする国際社会の強力な後押しが重要である。
 日本も、様々な分野で、紛争解決とパレスチナの国家造りに貢献したい。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
47位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
178,877

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【教育問題について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から