日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【イラク戦争について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2003/04/03 朝日新聞朝刊
これで世界は治まらぬ ネオコン(社説)
 
 「ジョンソン政権がベトナムで1年かけてやったことを、ブッシュ政権はイラクで1週間でやりとげた。政府の計画に対する国民の不信を広げさせたのだ」
 ワシントン・ポスト紙のコラムがそう指摘したように、イラク戦争は、米国民が信じていたような展開ではなくなっている。
 バグダッドをめざす米英軍が、激しく抵抗するイラクの精鋭部隊に大規模な攻撃をかけ、開戦後最大の地上戦が続く。
 イラクの民衆の犠牲が増えるに従って、アラブ・イスラム世界の反米感情は日々燃え広がっている。この戦争で「100人のビンラディンが生まれるだろう」と述べたのは、エジプトの親米政権を率いるムバラク大統領だ。
 米英軍がフセイン政権を倒したところで、中東地域は安定するどころか、ますます不安定になりそうな様相だ。
 当初の楽観的な見通しに狂いが出たことで、ブッシュ政権内で、チェイニー副大統領、ラムズフェルド国防長官、ウォルフォウィッツ米国防副長官の3氏と、他の人々との間の亀裂が深まっていると、多くの米メディアが報じている。
 同じ共和党でも、国連決議に基づいて多国籍軍を組織し、アラブ諸国の支持も得て行われた湾岸戦争を是とする人々にとっては、ラムズフェルド氏らの言いなりになっているブッシュ大統領は危なくて見ていられない、というところだろう。
 対イラク主戦論を唱えてきたこの3氏の考え方に色濃く見えるのが、「ネオコン(ネオ・コンサバティズムの略)」と呼ばれる新保守主義である。
 米国の保守主義には、世界のことにかかわりたがらない孤立主義の伝統がある。
 ところが新保守主義は、戦争という手段に訴えてでも、民主主義と経済自由主義を世界に広める、それは超大国としての歴史的な使命なのだと主張する。
 中心となっているワシントンのシンクタンクが97年に設立された時の趣意書には、この3氏も名を連ねている。
 軍の近代化。米国に敵対する外国の政権の打倒。国際社会のなかの米国の特異な役割の自覚。このシンクタンクが掲げる目標は、そのまま現政権に重なる。
 ブッシュ大統領は、20世紀初頭の米国で帝国主義的な政策を進めたセオドア・ルーズベルト大統領を尊敬しているという。新保守主義を受け入れる素地がもともとあったのかも知れない。
 とくに9・11のテロ以降「悪の枢軸」演説からイラク戦争への道筋は「ネオコン」の考えをそのまま実践したかのようだ。
 だが、いかに圧倒的な力があろうと、歴史も宗教も全く異なる国々に米国の価値を押しつけようとする独善と傲慢(ごうまん)さは、欧州諸国との同盟さえ危うくしている。
 このまま進めば、中東の平和も、米国の安全も、世界の繁栄も遠のく。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
47位
(28,943成果物中)

成果物アクセス数
179,143

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年7月8日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【教育問題について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から