日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【イラク戦争について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2003/04/01 朝日新聞朝刊日付
NATO、深まる混迷 「イラク問題」出番なく 尾を引く米欧対立
 
 【ブリュッセル=脇阪紀行】大量破壊兵器やテロの脅威に対抗する「新戦略」を目指す北大西洋条約機構(NATO)が、その目標を共有するはずのイラク戦争によって、逆に混迷を深めている。米英と仏独との対立。トルコの、米国への基地提供の拒否。NATO内部の亀裂は深刻だ。
 31日、マケドニアの首都スコピエで、NATOから欧州連合(EU)へ治安維持業務の移行式が行われた。NATOのロバートソン事務総長、EUのソラナ外交代表らが出席、300人余りのEU部隊の門出を祝った。
 旧ユーゴでの民族紛争に、NATOは米軍主導による空爆などで対応してきた。しかし、「欧州周辺の平和と安定維持は欧州の力で行う」とのEUの方針に沿って、NATOはこうした地域紛争における役割からの脱却を図っている。04年にはボスニアの治安維持もEU部隊に引き継ぐ予定だ。
 しかし、「反テロ戦」に向け組織を再編するというNATO新戦略の実現には、壁が立ちはだかる。昨年11月には、5〜30日間で展開する2万人規模の「即応部隊」創設が決まったが、ハイテク機器の調達計画がようやく練られ始めた段階だ。
 イラク問題への関与は、反テロ戦というNATOの新戦略を実行に移す絶好の機会でもあるはずだが、加盟国の対立は深い。
 NATOは米政府の強い要請を受け、フランス抜きでトルコ防衛支援を決めた。にもかかわらず、トルコ政府は米軍への基地提供を拒み、イラクへの越境の動きさえ見せている。
 米国、欧州、トルコのNATOを支える3極の混迷が解消されなければ、NATOの存在基盤は一層揺るぎかねない。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
47位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
179,073

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【教育問題について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から