日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

小型船舶等の電気装備工事ハンドブック

 事業名 小型船舶等の電気装備工事ハンドブックの作成
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


(e)トロール以外の漁法であって漁具を船外に出して漁ろうに従事する小型漁船
(i)船外に出している漁具(網、なわ等)が水平距離150mを超える場合。(漁業種別ニ)
(イ)全長20m以上50m未満の小型漁船
(拡大画面:30KB)
図2.2.29 漁具を船外に出して漁ろうに従事する全長20m以上の小型漁船
 
(ロ)全長12m以上、20m未満の小型漁船(図2.2.30及び図2.2.31参照)
(拡大画面:28KB)
図2.2.30 漁具を船外に出して漁ろうに従事する全長12m以上、20m未満の小型漁船(げん灯を備える場合の例)
 
(拡大画面:32KB)
図2.2.31 漁具を船外に出して漁ろうに従事する全長12m以上、20m未満の小型漁船(げん灯に代えて両色灯を備える場合の例)
 
(ハ)全長12m未満の小型漁船
(図2.2.32及び図2.2.33及び図2.2.34参照)
(拡大画面:45KB)
図2.2.32 漁具を船外に出して漁ろうに従事する全長12m未満の小型漁船(げん灯を備える場合の例)
 
(拡大画面:37KB)
図2.2.33 漁具を船外に出して漁ろうに従事する全長12m未満の小型漁船(げん灯に代えて両色灯を備える場合の例)
 
(拡大画面:32KB)
図2.2.34 漁具を船外に出して漁ろうに従事する全長12m未満の小型漁船(マスト灯及び船尾灯に代えて白灯を備える場合の例)
 
(ii)船外に出している漁具が水平距離150m以下の場合は、漁具を出している方向に表示する白灯を備えることを要しない。(漁業種別ハ)
(f)えい航作業に従事する動力船(全長50m未満)
(i)えい航物件の後端から動力船の船尾までの距離が200mを超える場合
(拡大画面:20KB)
図2.2.35 えい航作業に従事する小型船舶
 
(ii)えい航物件の後端から動力船の船尾までの距離が200m以下の場合
(拡大画面:16KB)
図2.2.36 えい航作業に従事する小型船舶
 
(g)帆船(推進機関を有しないもの)
(i)全長20m未満の帆船
図2.2.37 帆船(推進機関を有しないもの)
 
(ii)全長7m未満の帆船については、げん灯及び船尾灯の備え付け代えて携帯用の白灯1個を備付けることができる。
(h)帆船(推進機関を有するもの)
 動力船に準じて装備する。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
54位
(35,539成果物中)

成果物アクセス数
202,873

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年2月4日

関連する他の成果物

1.機器写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から