日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

無線設備講習用指導書(艤装工事及び保守整備編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


(3)空中線用碍子
(a)線条引止め碍子
 主として線条空中線の引止めに使用する。
 形状は、表4・4に示すように、波形、亜鈴形に区分でき、絶縁材料は大略、磁器、ガラスに分けられる。
 
表4・4 線条引止め碍子
(拡大画面:42KB)
 
(b)柱状台碍子
 主として送信空中線フィーダを固定するために使用する。(表4・5参照)
 
表4・5 柱状台碍子
(拡大画面:38KB)
 
(c)空中線引き込み碍子
 主として送信空中線引込み用として使用する。(表4・6参照)
 
表4・6 空中線引込み碍子
(拡大画面:45KB)
 
(d)空中線引込み下ランク
 線条空中線を無線室等に引き込むときに使用される。
 送信空中線には20kV程度の高周波電圧がかかることがあるので、電波法施行規則の安全施設で定められている遮へいが必要であり、空中線引込みトランクはこの目的のために使用される。(図4・18参照)
 
図4・18 空中線引込トランクの例
 
(4)給電線(feeder フィーダ)の挿入
 給電線とは、送信機の高周波出力を送信空中線に、また、受信空中線に誘起した電力を受信機に伝送するために、機器と空中線とを接続する導線をいう。
 給電線は大別して平行二線のような平衡形のものと同軸のような非平衡形のものとに分けることができ、機器の用途及び給電線の特性インピーダンスによって使い分ける必要がある。これは、いくら利得の大きい良い空中線を設計しても、その給電線から有害な放射があったり、不要な電波を受信したり、損失が多くて伝送効率が悪かったり、さらには、空中線と給電線間の整合が取れていない場合には利得が低下したりして指向性が乱れて問題となるからである。
 表4・7に平行二線式ケーブルと同軸ケーブルの比較表を示す。
 
表4・7 ケーブルの比較表
(拡大画面:48KB)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
292位
(30,518成果物中)

成果物アクセス数
34,695

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年2月16日

関連する他の成果物

1.初級講習用指導書(電気艤装工事編)
2.レーダー講習用指導書(機器保守整備編)
3.レーダー講習用指導書(船舶自動識別装置、航海情報記録装置、衛星航法装置編)
4.無線設備講習用指導書(基礎理論編)
5.無線設備講習用指導書(法規編)
6.船舶電気設備関係法令及び規則(強電用)
7.船舶電気設備関係法令及び規則(弱電用)
8.船舶電気装備資格者名簿
9.初級講習用指導書(電気装備概論編)
10.初級講習用指導書(電気機器編)
11.初級講習用指導書(電気工学の基礎編)
12.中級講習用指導書(電気計算編)
13.中級講習用指導書(電気装備技術基準編)
14.中級講習用指導書(電気艤装設計編)
15.中級講習用指導書(試験検査編)
16.レーダー講習用指導書(基礎理論編)
17.レーダー講習用指導書(装備艤装工事編)
18.平成14年度海事国際条約・船舶安全コース研修実施報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から