日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

無線設備講習用指導書(基礎理論編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


練習問題の解答
第1章
(問1)(1)×、 (2)×、 (3)○、 (4)×
(問2)(1)P=E2/R=10000/50=200(W)
(問3)(1)○流れる、 (2)○流れ出る、 (3)○大きい、 (4)○大きい
(問4)(1)NPN低周波用トランジスタ56の改良型
(2)薄膜型、モノリシック型、ハイブリッド型
(3)特性:負の温度係数を持つ対抗素子
用途:温度制御や発振器の安定化等
(4)β=α/(1−α)
理由:通常αは0.90から0.99くらいであるのでβは9から99となり、1より大きくなる。
(問5)(1)直列抵抗値:Rs=R1+R2=60+40=100(Ω)
並列抵抗値:1/Rp=1/R1+1/R2より
Rp=R1・R2/(R1+R2
=60・40/(60+40)=2400/100
=24(Ω)
第2章
(問1)(1)10V、 (2)100W、 (3)0.2V、 (4)111
(問2)(1)○、 (2)×、 (3)×、 (4)○
(問3)(1)○高い、 (2)○低い、 (3)○同相、 (4)○PSK
(問4)(a)000110、 (b)101111
(問5)(1)・送信周波数が安定なこと
・送信電力が規定の最大と最小の間に入ること
・スプリアスが少ないこと
・誤発射防止と人体への保護がなされていること
(2)・感度が良いこと
・選択度が良いこと
・忠実度が良いこと
・安定度が良いこと
 
第3章
(問1)(1)電界、磁界、 (2)D、E、F、 (3)E、 (4)F
(問2)(1)波長=3×108/周波数f=3×108/(100×106
=3(m)
(2)パラボラアンテナの指向性=(70〜80)・波長λ/パラボラの直径D
=(70〜80)・3/30=(7〜8)度
(問3)(1)○1/2波長、 (2)○コイル、 (3)○超短波、 (4)○同じ
(問4)(1)×、 (2)○、 (3)×、 (4)×
(問5)(1)PA=(IA22・RA=(100・10−32・73=0.73(W)
(2)G0=4πA/λ2=4π(πD2/4)/λ2=(πD/λ)2
=(π・30/3)2=100π2≒900
又は
G0(dB)=10log10900≒10×2.95=29.5(dB)
 
第4章
(問1)(1)○、 (2)○、 (3)×、 (4)○
(問2)(1)11001、 (2)X3+X、 (3)YBY、 (4)有り
(問3)(1)N(W)=100(1/100)=1(W)
(2)N0(μW)=NiGNF=1・10・10=100(μW)
(問4)(1)電磁両立性、 (2)プロトコル、
(3)サービス総合デジタルネットワーク、 (4)LAN
(問5)(1)○ARQ、 (2)○FEC、 (3)○偶数、 (4)○小さい
 
第5章
(問1)(1)国際単位系、 (2)1.30、 (3)2倍、 (4)−6dB
(問2)(1)V=20log10(102/1)よりV=102=100(V)
(2)R(Ω)=(m−1)r=(1000−1)・1=999(Ω)
(3)f(Hz)=3.1412×100=314.12(Hz)
(4)m=(A−B)/(A+B)=(3−1)/(3+1)=2/4=0.5
(問3)(1)×、 (2)○、 (3)×、 (4)×
(問4)(1)106、(2)1mA
(3)S=g/(m−1)=1/(10−1)=1/9(mΩ)(4)10
(問5)1. 単発現象が観測できる。
2. 波形が始まる前から同期が取れる(プレトリガ機能)。
3. 高度な演算をした波形観測ができる。
4. 長時間波形の記憶ができる。
 
第6章
(問1)168頁の表6・1を書く。
(問2)168頁の表6・1の(1)の各項目を挙げ、それぞれがどのように影響するか説明する。
(問3)169頁の(6・3)式170頁の(6・5)式171頁の(6・6)式を書き、それぞれについて図6・4図6・5図6・6を描いて簡単に説明する。
(問4)179頁の図6・12及び181頁の図6・13を描き、179頁から181頁にある説明を書く。
(問5)184頁の6・6・1項の内容を図6・14を描いて説明する。
 
第7章
(問1)191頁の7章7・1項の内容を図7・1図7・2図7・3を描いて説明する。
(問3)人工衛星の軌道は必ず地球の中心を含む平面内で円か楕円でなければならないこと、静止衛星は同一の緯度の上空にあって地球自転と同じ角速度で移動するものでなければならないことを説明し、その結果静止衛星は赤道上で軌道面が赤道を含むものであり、ほとんど円軌道のものに限ることを説明する。
(問5)(1)×、 (2)×、 (3)○、 (4)○
(問6)(1)×、 (2)○、 (3)○、 (4)×
 
第8章
(問1)214頁の表8・1より遭難警報に利用される通信の種類とその周波数を選び答える。
(問2)214頁の表8・1より現場通信に利用される通信の種類とその周波数を選び答える。
(問3)214頁の表8・1より海上安全情報の放送に利用される通信の種類とその周波数を選び答える。
(問4)221頁の表8・4より該当する項目の内容を選び記述する。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
337位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
30,947

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.初級講習用指導書(電気艤装工事編)
2.レーダー講習用指導書(機器保守整備編)
3.レーダー講習用指導書(船舶自動識別装置、航海情報記録装置、衛星航法装置編)
4.無線設備講習用指導書(艤装工事及び保守整備編)
5.無線設備講習用指導書(法規編)
6.船舶電気設備関係法令及び規則(強電用)
7.船舶電気設備関係法令及び規則(弱電用)
8.船舶電気装備資格者名簿
9.初級講習用指導書(電気装備概論編)
10.初級講習用指導書(電気機器編)
11.初級講習用指導書(電気工学の基礎編)
12.中級講習用指導書(電気計算編)
13.中級講習用指導書(電気装備技術基準編)
14.中級講習用指導書(電気艤装設計編)
15.中級講習用指導書(試験検査編)
16.レーダー講習用指導書(基礎理論編)
17.レーダー講習用指導書(装備艤装工事編)
18.平成14年度海事国際条約・船舶安全コース研修実施報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から