日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

レーダー講習用指導書(装備艤装工事編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


1・4 その他の規定類
1・4・1 漁船に関する規定
 別表第7(漁船の設備)は、漁船の種類及び計画総トン数の区分に対する搭載設備について規定した表である。搭載設備としては、漁具、冷凍設備、無線電信又は無線電話、魚群探知機及び船位測定装置(ロラン、GPS等のシステムを利用し、自船の位置を測定する装置をいう。)が規定されている。〜別表第7は省略。〜
 レーダーを装備しなければならない漁船は、次の通りである。
(1)計画総トン数が100トン以上の次の漁船
(イ)網口開口板を使用する漁法による一そうびき底びき網漁船
(ロ)その他の底びき網漁船
(ハ)捕鯨船
(ニ)まぐろはえなわ漁船
(ホ)かつお竿釣漁船又はまぐろ竿釣漁船
(ヘ)さけ・ます流し網漁船
(ト)その他の流し網漁船又はさし網漁船
(チ)まき網漁船
(リ)いか釣漁船
(2)トン数に関係なくすべての母船
 
1・4・2 諸外国の規定
 輸出船など外国船籍の船舶へレーダーを装備する場合は、それぞれの国のレーダーに関する規則や規格、又は電気装備に関する規則類に適合することを要求されることがある。それらの規則類は次のとおりである。
(a)主要国のレーダー関係の政府規則
        ○米国 FCC及びUSCG
  ○英国 DOT
  ○西独 DHI及びFTZ
  ○オランダ PTT
  ○ノルウェー NSC
  ○イタリー MMM
  ○カナダ DOC
(b)各国の船級協会
        ○日本 NK(日本海事協会)
  ○米国 ABS(American Bureau of Shipping)
  ○英国 LR(Lloyd's Register of Shipping)
  ○フランス BV(Bureau Veritas)
  ○ノルウェー NV(Det Norske Veritas)
  ○イタリー RI(Registro Italiano Navale)
  ○西独 GL(Germanischer Lloyd)
  ○台湾 CR(China Corporation Register of Shipping)
 
練習問題
(拡大画面:32KB)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
429位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
23,239

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.初級講習用指導書(電気艤装工事編)
2.レーダー講習用指導書(機器保守整備編)
3.レーダー講習用指導書(船舶自動識別装置、航海情報記録装置、衛星航法装置編)
4.無線設備講習用指導書(基礎理論編)
5.無線設備講習用指導書(艤装工事及び保守整備編)
6.無線設備講習用指導書(法規編)
7.船舶電気設備関係法令及び規則(強電用)
8.船舶電気設備関係法令及び規則(弱電用)
9.船舶電気装備資格者名簿
10.初級講習用指導書(電気装備概論編)
11.初級講習用指導書(電気機器編)
12.初級講習用指導書(電気工学の基礎編)
13.中級講習用指導書(電気計算編)
14.中級講習用指導書(電気装備技術基準編)
15.中級講習用指導書(電気艤装設計編)
16.中級講習用指導書(試験検査編)
17.レーダー講習用指導書(基礎理論編)
18.平成14年度海事国際条約・船舶安全コース研修実施報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から