日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

レーダー講習用指導書(基礎理論編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


第2章 電子回路と送信機・受信機の基礎
2・1 アナログ回路とデジタル回路の特色
 アナログの語源は「類似」で、信号の大きさの変化に類似し、連続した電圧や電流の回路がアナログ回路である。デジタルの語源は「計数」で、信号の大きさを1と0の符合に対応した電圧や電流の数で取り扱う回路がデジタル回路である。
 自然界の音や光などはアナログ量であるので電気信号に変換するとアナログ回路となる。人間の目、耳などはアナログ感覚器官なのでデジタルで信号を伝送しても最後はアナログに変換する必要があるが、アナログ信号は量的な大きさを取り扱うので雑音などの妨害に弱い欠点がある。
 デジタルは雑音の混入で振幅が変化しても、信号の大きさが或る値(しきい値という)より大きければすべて1のレベル、しきい値より小さければすべて0のレベルと判定して取り扱うので雑音による変動の影響が少なくなる。デジタル回路の特色は利点として
(1)雑音に強い
(2)安定なデジタル素子回路が使用できる
(3)デジタル通信において生じた誤りの検出や訂正ができる
(4)コンピュータと結合して信号処理やメモリーが容易となる
 欠点としては
(1)回路が複雑となる
(2)周波数帯域幅が広がる
(3)デジタル−アナログ変換器が必要となる、等がある。
 コンピュータの発達によりデジタル回路が進歩して、ラジオ、テレビ、通信機、音響機器など多くの電子機器がアナログからデジタルに移行しつつある。
 
2・2 アナログ電子回路
2・2・1 増幅回路
 トランジスタ及びFETの基本増幅回路は第1章1・3・6〜1・3・8項に説明してある。これらの基本回路を組合せると種々な機能を持つ増幅器が構成できる。
 増幅器に要求される特性は
(1)増幅度;安定な要求される増幅ができること
(2)周波数特性;必要な広い周波数帯域幅の増幅ができること
(3)直線性(ダイナミックレンジ);広い入力電圧の変化に対してひずみがないこと
(4)低雑音性(雑音指数);増幅器内部から発生する雑音が小さいこと
である。
(1)増幅度の定義;
 増幅器の入力と出力の比を増幅度と定義する。電圧の比を電圧増幅度、電力の比を電力増幅度と呼ぶ。増幅度の対数をとりdB(デシベル)で表すことが多い。
又は 20log10GV(dB) (2・1)
 
又は 10log10GP(dB) (2・2)
 
 図2・1に増幅器の記号を示す。
 
(a)矩形表示
(b)三角形表示
 
図2・1 増幅器の記号表示
 
(2)オペアンプ(演算増幅);
 オペアンプは図2・2に示すような2つの入力と1つの出力を持つ増幅器で2個のトランジスタの組合せなどで構成される。安定した増幅度、高い入力インピーダンスZiと低い出力インピーダンスZ0となりコンピュータの演算回路やセンサー回路等に広く利用されている。2つの入力の差の電圧を増幅するので差動増幅器とも呼ばれる。
 
(a)オペアンプの記号表示
(b)トランジスタによるアペアンプ回路
 
図2・2 オペアンプの記号と回路
 
 オペアンプの出力V0は増幅度Gから
 
V0=G(V2−V1) (2・3)
 
となる。増幅度Gを105以上大きくすると出力V0がある値となるためにはG=∞と置くとV0=∞×0 となる必要があるので差分入力電圧は0となり
 
V2−V1=0 より V1=V2 (2・4)
 
となり入力(1)と(2)の電圧が等しくなる。また、入力インピーダンスZiが非常に大きいので入力電流は0となる。この特性により種々の演算回路が構成できる。
 図2・3(a)に出力電圧が入力電圧の微分となる微分回路、図2・3(b)に積分となる積分回路を示す。それぞれの出力を(2・5)式(2・6)式に示す。
(2・5)
(2・6)
 
(a)微分回路
(b)積分回路
 
図2・3 微分回路と積分回路







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
33位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
248,362

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.初級講習用指導書(電気艤装工事編)
2.レーダー講習用指導書(機器保守整備編)
3.レーダー講習用指導書(船舶自動識別装置、航海情報記録装置、衛星航法装置編)
4.無線設備講習用指導書(基礎理論編)
5.無線設備講習用指導書(艤装工事及び保守整備編)
6.無線設備講習用指導書(法規編)
7.船舶電気設備関係法令及び規則(強電用)
8.船舶電気設備関係法令及び規則(弱電用)
9.船舶電気装備資格者名簿
10.初級講習用指導書(電気装備概論編)
11.初級講習用指導書(電気機器編)
12.初級講習用指導書(電気工学の基礎編)
13.中級講習用指導書(電気計算編)
14.中級講習用指導書(電気装備技術基準編)
15.中級講習用指導書(電気艤装設計編)
16.中級講習用指導書(試験検査編)
17.レーダー講習用指導書(装備艤装工事編)
18.平成14年度海事国際条約・船舶安全コース研修実施報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から