日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

中級講習用指導書(電気計算編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


10. 付録、理工学及び求積関係公式
 上図において回転軸Aからr〔m〕だけ離れた所にm〔kg〕の質点が角速度ω〔rad/s〕で回転しているとき、その周辺速度
 V=2πm=rωであるから、質点のもつ運動エネルギーW〔J=1Nm〕は次の式で表される。
 ここでJ=mr2〔kgm2〕なるJをm質点のこの軸に対する慣性モーメントという。(単位のJ(ジュール)とは違う)
 実際では、回転物体はいろいろの形状をもって回転軸のまわりを回転しているから、この考えを拡張して、全軍量をM〔kg−mass〕、回転体の半径R〔m〕の所に全質量が集まったと考えれば、上式のJは次のようになる。
J=MR2〔kgm2〕R:回転体半径〔m〕、D:回転体直径〔m〕
 かつD=2R、M=G〔kg−ωt〕とすれば
(拡大画面:29KB)
 この(3)式の運動エネルギー式から次のことが判断できる。
 はずみ車効果のGD2は物体の固有の値で、これが大きいとWが大幅に変化してもN(毎分回転数)の変化は少ない。すなわち、運動エネルギーWが減速する場合はGD2がエネルギーを放出し、反対に増進する場合はエネルギーを吸収し、次の減速の場合にそなえる役目をするので、はずみ車効果すなわち、GD2が大きいものほど速度変化の少ないことがわかる。
 
(拡大画面:47KB)
 
(拡大画面:11KB)
 ここでGD2:回転体のはずみ車効果〔kg・m2
Wm:機械損〔kW〕
N1、N2:定格回転速度を中心としての上下の回転速度〔min−1
t:N1とN2との間の時間〔s〕
N1、N2、tは下図の減速曲線から求められる。
(定格速度より高い速度で運転中、急にトルクを取り去る)
(拡大画面:12KB)
 次に機械損〔Wm〕がわかれば、上式から計算でGD2が求められる。電気回転機の機械損は下図のような無負荷損失曲線から求められる。
(拡大画面:30KB)
 定格速度一定として電圧を変えて各入力を求め、その中からそれぞれの銅損を差し引いて、上図のような損失曲線を画き、これを電圧零まで延長して機械損を求める。
 ただし、交流機の場合は力率=1で試験する。
(拡大画面:7KB)
 どうして出来たかを次に説明する。
 回転体の運動エネルギーWは、電気計算編10・1・1の(3)式より
(拡大画面:8KB)
 ところが、回転体の毎分回転数をN1からN2に減ずる場合の運動エネルギーの減少は次のようになる。
W1−W2=1.37×10−3×GD2×(N12−N22)〔J〕
 ここでN1=時間t1秒における毎分回転数
N2=時間t2秒における毎分回転数
いま、Wmをt1からt2間の平均機械損とし、かつ
t2−t1=t〔s〕とすれば
(拡大画面:20KB)
 
 はずみ車効果が下図のようにG1、D12とG2D22とがそれぞれ異なっていて、歯車で連結された機械における合成はずみ車効果を求める。
 ただし、毎分回転数はそれぞれN1、N2とする。
(拡大画面:13KB)
 上式を利用して、上図のG1D12とG2D22の合成運動エネルギーは次のようになる。
(拡大画面:10KB)
 この式において、右側の()内の式がG1D12からみた合成はずみ車効果である。すなわち
(拡大画面:6KB)
 
P=ps P:全圧力(全張力) P:圧力(張力)の強さ
  s:全面積  
 
d=m/v m:貴量 v:体積
 
S=w′/w w′:物質の質量 w:4℃の水の質量
 
V=s/t s:運動した距離 t:運動に要した時間
 
s=H/mt H:熱量 m:質量 t:温度差
 
(拡大画面:10KB)
 
(拡大画面:11KB)
 
(拡大画面:5KB)
 
T=1/n T:波の周期 t:単位時間に振動する数
 
(拡大画面:3KB)
 
(拡大画面:3KB)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
32位
(32,450成果物中)

成果物アクセス数
257,417

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月1日

関連する他の成果物

1.初級講習用指導書(電気艤装工事編)
2.レーダー講習用指導書(機器保守整備編)
3.レーダー講習用指導書(船舶自動識別装置、航海情報記録装置、衛星航法装置編)
4.無線設備講習用指導書(基礎理論編)
5.無線設備講習用指導書(艤装工事及び保守整備編)
6.無線設備講習用指導書(法規編)
7.船舶電気設備関係法令及び規則(強電用)
8.船舶電気設備関係法令及び規則(弱電用)
9.船舶電気装備資格者名簿
10.初級講習用指導書(電気装備概論編)
11.初級講習用指導書(電気機器編)
12.初級講習用指導書(電気工学の基礎編)
13.中級講習用指導書(電気装備技術基準編)
14.中級講習用指導書(電気艤装設計編)
15.中級講習用指導書(試験検査編)
16.レーダー講習用指導書(基礎理論編)
17.レーダー講習用指導書(装備艤装工事編)
18.平成14年度海事国際条約・船舶安全コース研修実施報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から