日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

中級講習用指導書(電気計算編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


2・11 三相交流力率の測定
 2電力計法または1電力計法のW1及びW2(又はP1及びP2)から、力率を次の計算式から求められる。
(拡大画面:5KB)
(注)1. W1、W2ともに正方向に針が振れるときは、W1、W2との和が三相電力を示す。
2. W1、W2ともに負方向に針が振れるときは、電力計の接続が誤っているから電圧コイル又は電流コイルの一方を接続替えする。
3. W1が正、W2が負に針が振れるときは、W2を読むとき電圧コイルを接続し替えて読み、W1とW2との差をとると三相電力を示す。
4. W1が負、W2が正に針が振れるときは、W1を読むとき電圧コイルを接続し替えて読み、W1とW2との差をとると三相電力を示す。
 2・3項から2・11項の詳細については、初級指導書「電気機器」第3項「指示電気計器と計測」を参照のこと。
 発電機装置の調速機、負荷試験などに負荷として水抵抗器を使用する場合、この水抵抗器の抵抗値の概算計算式を次に示す。
二極間の抵抗
ただし極間の電流分布が容器壁面によって乱されないものとする。
ρ:液の固有抵抗〔Ωcm〕、L:電極間距離〔cm〕
A:電極浸水面積〔cm2
 
各相間の抵抗
l、D、dはそれぞれ上図により〔cm〕単位とする。
ρ:液の固有抵抗〔Ωcm〕
ただし <40の場合は誤差を生ずるから注意を要する。
 
 
各相間の抵抗
2・12・1式を適用する。
 
(1)清水
 20〔℃〕に声ける抵抗率は普通2,000〜5,000〔Ωcm〕であり、温度による抵抗率の変化は次の式による。
Rt:t℃における抵抗〔Ω〕、R20:20℃における抵抗〔Ω〕
(2)食塩水
 清水だけでは抵抗が大である場合には、食塩水とする場合がある。この場合の抵抗率は次による。
食塩含有量〔%〕 抵抗率18℃〔Ωcm〕 抵抗温度係数α〔18℃〕 5%以下における抵抗率はほぼ含有量に逆比例する
〔t℃の抵抗〕
={1+α(t−18)}×(18℃の抵抗)
5 14.9 −0.022
10 8.25 −0.021
15 6.09 −0.021
20 5.10 −0.022
25 4.68 −0.023
 
 清浄水では、電極面の電流密度が約0.6〔A/cm2〕以上でアークを発生するが、普通の水では0.15〔A/cm2〕以下にとるのが安全である。ただし流水を使用しかつ流水速度が相当大きいときには、この限度は3倍ぐらいまで高めることができる。
(1)指示計器の確度上から分類し、許容される誤差を示せ。
(2)最大目盛150〔V〕、抵抗10,000〔Ω〕の直流電圧計がある。これで最大電圧600〔V〕の回路の電圧を測定するにはどうすればよいか。
(3)電圧計と電流計と各1〔個〕によって直流電力を測定する場合の2種の接続法を図示し、どんな場合にどれを使用するのが良いかを説明せよ。
(4)ある交流負荷の電力を測定したら、電圧計は103〔V〕、電流計は26.5〔A〕、力率計は遅れの0.85を図示した。その電力はいくらか。ただし各計器の損失は無視する。
(5)三電圧計法で単相電力を測定する場合、V1の読み100〔V〕、V2の読み80〔V〕、V3の読み150
〔V〕で、Rの値50〔Ω〕ならば、電力はいくらであるか。
(6)2〔個〕の電力計をもって三相誘導電動機の電力を測定したら一方の電力計の指示が他方の指示の2倍になった。その場合の電動機の力率はいくらか。
(7)無負荷における三相誘導電動機の電力を2〔個〕の電力計で測定して、それぞれの読みがW1と−W2であった。その場合の電力及び力率はいくらか。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
35位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
265,737

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.初級講習用指導書(電気艤装工事編)
2.レーダー講習用指導書(機器保守整備編)
3.レーダー講習用指導書(船舶自動識別装置、航海情報記録装置、衛星航法装置編)
4.無線設備講習用指導書(基礎理論編)
5.無線設備講習用指導書(艤装工事及び保守整備編)
6.無線設備講習用指導書(法規編)
7.船舶電気設備関係法令及び規則(強電用)
8.船舶電気設備関係法令及び規則(弱電用)
9.船舶電気装備資格者名簿
10.初級講習用指導書(電気装備概論編)
11.初級講習用指導書(電気機器編)
12.初級講習用指導書(電気工学の基礎編)
13.中級講習用指導書(電気装備技術基準編)
14.中級講習用指導書(電気艤装設計編)
15.中級講習用指導書(試験検査編)
16.レーダー講習用指導書(基礎理論編)
17.レーダー講習用指導書(装備艤装工事編)
18.平成14年度海事国際条約・船舶安全コース研修実施報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から