日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

初級講習用指導書(電気工学の基礎編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


付録2 国際単位系(SI)
 以下の単位に関する説明文及び表は、“通商産業省(現経済産業省)SI単位普及推進委員会平成11年3月発行”及び“HS2001ハンドブック”を基に、抜粋し調整したものである。
SIの内容
 SIの八つの基本単位及び組立単位とSI単位の10の整数乗倍を示す接頭語から構成されている。(表1参照)
基本単位−SIにおける基本量の単位(表2参照)
組立単位−SIにおける組立量の単位、基本単位を用いて代数的な方法で表わされるもののほかに、固有の名称を持つものもある。(表4参照)
接頭語−SI単位の10の整数乗倍を構成するための倍数に用いる接頭語。(表3参照)
SI以外の単位−SIに含まれない単位であるが、実用上の重要さから併用できる単位及び特殊な分野での有用さから併用してもよい単位がいくつかある。これらは表56に示してある。
SIの記号の使用上の注意事項
(1)単位記号は立体文字で、一般には小文字で表わされる(m メートル、S秒)。
 ただし、固有名詞から導かれた単位記号の第1番目の文字は大文字とする(Aアンペア、Wbウエーバ)。
(2)単位記号には終止符(、.)をつけない。
(3)単位記号は複数に対しても変化しない(2cmとし、2cm sとはしない)。
(4)量を表す全数字の後には、その数字と単位記号との間に、活字の幅の1/2だけの間をあける。
(5)量を表す数のけた数が多い場合には、3けたごとに区切って活字の間の1/4だけの間をあけて書き、コンマをつけない。ただし1000オーダの数はどちらでもよい。
例 101,325→101 325
(6)組立単位が二つ以上の単位の積で構成されているときは、乗法の記号としての(・)で表わすか、混同のおそれがなければ省略してもよい。次のいずれかによる。
例 N・m N・m Nm:ニュートンメートル
mNと書けば、これはミリニュートルであるから接頭語の記号と同一の単位記号を用いる場合には、特に注意することが必要である。
(7)組立単位が一つの単位を他の単位で除して構成されている場合には、次のいずれかによる。
 
 
(8)どんな場合でもカッコをつけることなしに斜線を同一の行に二つ以上重ねない。
例 m/s/s 不可 m/s2 m・s−2 可
(9)接頭語の記号は、立体文字で接頭語と単位記号との間に字間は設けない。
例 μm
(10)単位の整数乗倍の記号に指数がついたときは、その指数は単位記号及び接頭語の記号の全体に適用される。
例 1cm3=(102m)3=10−6m2
1μs1=(10−6s)−1=106s−1
(11)合成した接頭語は用いない。
例 m/μm 不可 nm 可
(12)例外として、質量の単位(kgには接頭語kを含んでいる。)の10の整数乗倍の名称と記号は、グラム(g)に接頭語をつけて構成する。
例 10−6kg=10−3g=1mg 可、1μkg 不可
(13)SI単位の10の整数乗倍は、数が実用的範囲に入るような、便利な大きさのものを選ぶ。原則として数が0.1と1000との間に入るように選ぶ。
1.2×101 N 12 kN
  0.00391m 391 mm
  1401Pa 1.401kPa
  3.1×10−8s 31ns
(14)ある種の量については慣例として同一の整数乗倍を用いる。例えば、機械製図においては寸法はミリメートルを用いる。
 
表1 SIの構成
(拡大画面:9KB)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
132位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
93,757

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.初級講習用指導書(電気艤装工事編)
2.レーダー講習用指導書(機器保守整備編)
3.レーダー講習用指導書(船舶自動識別装置、航海情報記録装置、衛星航法装置編)
4.無線設備講習用指導書(基礎理論編)
5.無線設備講習用指導書(艤装工事及び保守整備編)
6.無線設備講習用指導書(法規編)
7.船舶電気設備関係法令及び規則(強電用)
8.船舶電気設備関係法令及び規則(弱電用)
9.船舶電気装備資格者名簿
10.初級講習用指導書(電気装備概論編)
11.初級講習用指導書(電気機器編)
12.中級講習用指導書(電気計算編)
13.中級講習用指導書(電気装備技術基準編)
14.中級講習用指導書(電気艤装設計編)
15.中級講習用指導書(試験検査編)
16.レーダー講習用指導書(基礎理論編)
17.レーダー講習用指導書(装備艤装工事編)
18.平成14年度海事国際条約・船舶安全コース研修実施報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から