日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

初級講習用指導書(電気機器編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


3・10 同期検定装置
 2台の交流発電機を並行運転するために必要な条件は、(1)電圧が等しいこと、(2)周波数が等しいこと、(3)位相が一致していること等である。(1ガバナー計により界磁調整器で行い、(2)は周波数計によってガバナー調整をしても、(3)は(2)と併せて同期検定装置によらざるをえない。これには、次の種類が一般に使用されている。
 同期検定装置のうちで最も簡単な装置が同期検定灯を使用したもので、ここでは、三相交流発電機の並行運転について説明する。
 図3・15はA機、B機の同期検定灯の接続図を示す。図3・15において、A機の運転中にB機を並行運転させるためには、B機の駆動エンジンのガバナーを調整し、A機の運転状態に近づきL1の電灯が消え、L2、L3の電灯の明るさが等しくなったら、その時に主スイッチSを閉じれば並行運転ができる。
 この理由について述べよう。
図3・15
 
 図3・15を回路図に書きかえれば図3・16(a)のようになる。同図からL1、L2、L3の電灯にはそれぞれなる電圧が加わっている。よってL1、L2、L3の電圧のベクトルをEa、Eb、Ecとすれば
となる。
 A機とB機が同期となる場合には位相が等しくなるので、図3・16(b)のベクトル図においてL1灯は相対する相に、L2、L3灯は相が入れ違って接続されているからの値は線間電圧(図3・16(b)参照)に等しいことになる。よってL1電灯は消え、L2、L3=√/3E’なる線間電圧をうけて明るさが等しくなる。
(拡大画面:15KB)
図3・16
 
 図3・17において、Fは固定コイルで、M1、M2コイルは互いに直角に結合され軸に取付けられて指針が装備されている。
 そして、M1コイルには抵抗Rを、M2コイルにはインダクタンスLがそれぞれ直列に接続されている。この回路は並行運転しようとするB機にその端子S、Tで接続されている。そして、成層鉄心に巻かれた固定コイルにはその端子S、TがA機、即ち、検定用母線に接続されている。この基本原理は固定コイルFの電源による交番磁界と可動コイルM1(抵抗Rが接続されている。)とM2(インダクタンスの大きいLが接続されている。)が作る回転する磁界との相互作用によって動作するようになっている。
図3・17
 
 次に指針の動き具合を示す。
(拡大画面:24KB)
 以上の指針の状態を判断し指針の位置が直立静止したときが、両機が同期になったことを示す。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
18位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
370,119

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.初級講習用指導書(電気艤装工事編)
2.レーダー講習用指導書(機器保守整備編)
3.レーダー講習用指導書(船舶自動識別装置、航海情報記録装置、衛星航法装置編)
4.無線設備講習用指導書(基礎理論編)
5.無線設備講習用指導書(艤装工事及び保守整備編)
6.無線設備講習用指導書(法規編)
7.船舶電気設備関係法令及び規則(強電用)
8.船舶電気設備関係法令及び規則(弱電用)
9.船舶電気装備資格者名簿
10.初級講習用指導書(電気装備概論編)
11.初級講習用指導書(電気工学の基礎編)
12.中級講習用指導書(電気計算編)
13.中級講習用指導書(電気装備技術基準編)
14.中級講習用指導書(電気艤装設計編)
15.中級講習用指導書(試験検査編)
16.レーダー講習用指導書(基礎理論編)
17.レーダー講習用指導書(装備艤装工事編)
18.平成14年度海事国際条約・船舶安全コース研修実施報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から