日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

3S級舶用機関整備士指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


3.11 トリム及びチルト装置
1)チルトピン式
 チルトピン式のチルトアップと浅瀬航行機構を2・367図に示す。
 スイベルブラケットに働く前進のプロペラスラスト反力はチルトピンで受け止められる。従って、チルトピン段数(取付位置)を変えることによってドライブユニットの取付角度を変えることができる。後進の反力は逆に働くので、跳ね上がりを防ぐためチルトロックプレートがチルトピンに噛み合っている。チルトアップ操作時及び水中障害物への衝突時には、この噛み合いが外れて船外機が跳ね上がる。浅瀬航行レバーを動かしてチルトピンに当てると、プロペラが少し引き上げられて、前進方向のみ浅瀬航走できる。
 
(拡大画面:29KB)
2・367図 チルトピン式
 
・チルトピン調整
 一般的に船底とアンチキャビテーションプレートが平行になるチルトピン段数を選ぶ。しかし、航走時に2・368図に示すように船首が上がりすぎるならば、チルトピン段数を変えてドライブユニットをトランサムボードに近づける。逆の場合は遠ざけるようなチルトピン段数を選ぶ。
 
(拡大画面:33KB)
2・368図 チルトピン調整
 
2)ハイドロチルト式
 中型機種の一部には2・369図に示すようなハイドロチルトロック装置が取り付けられている。トップカウリング部を手で引っ張り上げてチルトアップ操作を行う時、ガスを密閉したチルトシリンダの働きによって操作力が軽減される。またこのチルトシリンダはショックアブソーバの機能を持っている。
 
(拡大画面:40KB)
2・369図 ハイドロチルトロック機構
 
2・370図 マニュアルチェックバルブ
 
2・371図 リリーフバルブ
 
(1)マニュアルチェックバルブ
 マニュアルチェックバルブは2・370図に示す構造をしており、チルトレバーをLOCK(下側)からTILT(上側)の位置に引き上げると、カムがプッシュロッドを押してマニュアルチェックバルブが開かれる。
(2)リリーフバルブ
 リリーフバルブは2・371図に示すような2つのリリーフバルブ、ダウンリリーフバルブとアブソーバリリーフバルブが組み込まれており、チルトダウンすると、シリンダ上部の圧力上昇によってダウンリリーフバルブが開かれオイルが移動する。このためチルトレバーがLOCK位置であってもチルトダウンは可能である。
 また、ドライブユニットが水中障害物に衝突すると、シリンダ下部の圧力上昇によってアブソーバリリーフバルブが開かれオイルが移動する。
(3)航走時
 航走時、チルトレバーはLOCK(下側)の位置にあり、チルトシリンダは2・372図に示す状態にあり、マニュアルチェックバルブは閉じられているので、後進スラスト反力によるドライブユニットの跳ね上がりが防止される。
 
2・372図 航走時
 
2・373図 チルトアップ操作
 
2・374図 チルトダウン操作
 
2・375図 障害物へ衝突時
 
(4)チルトアップ操作
 チルトレバーを2・373図に示すように、TILT(上側)の位置に動かし、チルトアップ操作を行うと、マニュアルチェックバルブが開いているのでオイルは矢印の方向に移動する。この時密封されたガス圧力が加わってチルトアップ操作力を軽減する。
(5)チルトダウン操作
 ドライブユニットをチルトダウンする。この時チルトレバーはLOCKの位置にありマニュアルチェックバルブは閉じているが、2・374図に示すようにシリンダ上部の圧力上昇によってダウンリリーフバルブが開き、オイルは矢印の方向に移動しチルトダウンする。
(拡大画面:87KB)
2・376図パワーチルト式
 
(6)障害物へ衝突時
 航走時(チルトレバーはLOCKの位置)、ドライブユニットが水中障害物に衝突すると、2・375図に示すようにシリンダ下部の圧力上昇によってアブソーバリリーフバルブが開き、オイルは黒矢印→の方向に移動する。このオイルの移動によって衝撃が緩衝される。水中障害物を乗り越えると、ドライブユニットは前進スラスト反力によって押され、オイルはダウンリリーフバルブを通って白矢印→の方向に移動し、元の位置までチルトダウンする。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3位
(28,631成果物中)

成果物アクセス数
1,195,789

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月18日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.1級舶用機関整備士指導書
5.2級舶用機関整備士指導書
6.3級舶用機関整備士指導書
7.1級舶用機関整備士問題集
8.2級舶用機関整備士問題集
9.2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から