日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

3S級舶用機関整備士指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


2.12 リモートコントロール装置(遠隔操縦装置)
 最近の舶用エンジンの運転操作は採算性の向上、省人化のために、殆どがブリッジから遠隔操縦で行えるようになっている。ブリッジでエンジンの操作をするためには、主機関の始動、停止、調速、クラッチの切替、等が行えると共に機関の運転状態が確認出来る計器盤や警報装置などを備えブリッジに居ながらにして対処できるようにしなければならない。又装置の故障は直ちに船舶の事故につながるので取り付け及び、作動確認を、十分に行う必要がある。
 遠隔操縦装置としては次のような種類がある。ここではワイヤ式と油圧式について説明する。
(1)ワイヤ式(ボーデンワイヤ式及び、プッシュプルワイヤ式)
(2)油圧式(静油圧式、及び動油圧式)
(3)電気式
(4)空気圧式
 又操作方式により次の2種類がありそれぞれ組み合わせて使用される。
(1)ワンハンドルリモコン
 エンジンのガバナ操作と減速逆転機の前後進切替操作を1本のハンドルで行う方式
(2)ツウハンドルリモコン
 エンジンのガバナ操作と減速逆転機の前後進切替操作を別々のハンドルで行う方式
1)ワイヤ式リモコン
 小型船の遠隔操縦に多く用いられておりリンクやワイヤなどで始動部と受動部を連結し、手動により機械的に操作するもので、小形エンジンのガバナ操作や、操作力の小さな油圧クラッチの切換等に使用されている。
 ワイヤには、従来はボーデンワイヤが多く用いられていたがボーデンワイヤは引張り操作のみで押す操作が出来ないため、最近は殆どが押しと引張りの両方向に使用できるプッシュプルワイヤが使用されている。
 2・252図に2ハンドル、プッシュプルワイヤ式リモコンの構造図を示す。
 1ハンドル式のものは、ハンドルを中立の位置から前進側に少し倒すと回転速度は最低速のまま、クラッチが前進側に嵌入し、更にハンドルを倒すと機関の回転速度が上昇する方式で、後進側も同じ作動となる。2ハンドル式のものは、回転速度とクラッチの嵌脱が、単独に操作出来るが、高速回転でのクラッチの切換は故障の原因となるので、クラッチの切換は必ず回転を最低速に落としてから行わねばならない。
 
(拡大画面:50KB)
2・252図 2ハンドル、プッシュプルワイヤ式リモコンの構造図
 
2・253図 ワイヤの端部
 
2・254図 1ハンドルリモコンの作動位置
 
2)油圧式リモコン
(1)静油圧式リモコン
 2・255図にクラッチリモコンの構造図を示す。
 この方式は始動部と受動部に設けたそれぞれの油圧シリンダを2本の銅管で連結し、その中へ作動油を充満しておき始動部のピストンをハンドルにより動かすことにより、作動油を媒体として受動部側のピストンを動かす方式である。
 構造が簡単で故障の少ない利点もあるが、配管が長すぎたり、曲がりが多いと管内抵抗が大きくなるため、大きな操作力を要し、又空気が完全に抜けなかったり、配管の途中で熱を受けたりすると作動が不安定となり、始動部と受動部のストロークに差異を生じ思わぬ事故を起こすことがあるので、配管に当たっては十分な注意が必要である。なお、始動部と受動部のストロークに差異が出来た時は調相弁で合せる構造となっている。
 2・256図はガバナリモコンの構造図で、始動部と受動部を1本の銅管で連結し、この中に作動油を充満して始動部のピストンを動かすと、油圧で受動部のピストンが動くようにしたもので、回転上昇時は、始動部のハンドルでピストンを動かすと油圧で受動部のピストンが動き、ガバナスプリングを圧縮して回転が上昇し、下降時は始動部のハンドルを戻すことにより油圧が下がり、受動部のピストンはガバナスプリングにより戻されて回転が下がる構造となっている。
 
(拡大画面:45KB)
2・255図 クラッチ用リモコンの構造図
 
2・256図 ガバナ用リモコンの構造図
 
 なお、ガバナリモコンの油密には、ベロフラムを使ったものとOリングを使ったものとがある。
 一般にガバナの始動部は、丸形ハンドルで、ネジによりピストンを動かし、油圧クラッチ側は棒ハンドルが多く用いられている。
(2)動油圧式リモコン
 動油圧式は、別置きの油圧ポンプにより発生させた圧力油を、受動部の操作に見合った一定の油圧{2.0MPa(20kgf/cm2)程度}に保ち、切換弁とパイロット弁により始動部の操作を受動部の制御機構に伝え受動部のピストンを圧力油に、より動かし、制御する装置である。(2・257図
 受動部の操作力が大きい場合でも油圧を高めたり、パワーピストンの受圧面積を大きくすることで対応が出来るため、中大型船に多く用いられている。
 
(拡大画面:62KB)
2・257図 動油圧式リモコン配管系統図
 
(拡大画面:43KB)
2・258図 ガバナ始動部の構造
 
(拡大画面:60KB)
2・259図 ガバナ受動部の構造
 
 ガバナ側の場合は、2・258図及び2・259図に示すように始動部のハンドルを操作すると、カムは始動部のピストンを動かし、リンクピン下部の弁は補助バネにより閉じるので、管内は密閉され、ピストンの動きは作動油により、受動部のパイロット弁に伝わる。パイロット弁の動きは、別経路からの強制油圧により受動部のピストンを動かし、ガバナスプリングを押してエンジンの回転を上昇させる。
 又、ハンドルを下げるとパイロット弁が戻り、強制油圧は排出口より逃げ、ガバナスプリングにより受動部ピストンが押し上げられ回転が低下する。
 クラッチ側の場合、2・260図に示すように受動部には内側ピストンの両端に、中心部に穴のあいた外側ピストンがはまっており、切換弁が中立の位置では、両側に油圧がかかっているが、切換弁ハンドルを前進に入れると、受動部ピストンの前進側(図のA側)に油圧がかかり、(外側ピストンは中立位置以上反対側に動かない構造となっているため)内側のピストンとB側の外側ピストンのみをB側一杯に動かし、後進側の油はピストンに押されタンクに戻る。
 つぎにハンドルを中立にすると、ピストンの両端に油圧がかかり、受圧面積の大きいB側の受ける力が大きいため内外ピストンともA側方向に動く、内側ピストンがA側の外側ピストンの位置まで動くと両側の受圧面積が同じとなるのでピストンは止まり中立が保持される。(2・260図
 
(拡大画面:45KB)
2・260図 クラッチリモコンの作動図
 
 なお、動油圧式には1ハンドル式が多く採用されているが、連結ピンをはずせば2ハンドルとして使用出来る構造となっている。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2位
(29,137成果物中)

成果物アクセス数
1,249,756

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年9月23日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.1級舶用機関整備士指導書
5.2級舶用機関整備士指導書
6.3級舶用機関整備士指導書
7.1級舶用機関整備士問題集
8.2級舶用機関整備士問題集
9.2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から