日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

3S級舶用機関整備士指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


3S級舶用機関整備士指導書
 
社団法人 日本舶用機関整備協会
舶用機関整備士資格検定委員会
 
はじめに
 
 舶用機関の定期的な整備は、船舶の安全航行を確保するための基本であり、整備作業に従事する技術者の技量水準を維持、向上させることは極めて重要な意義を有する。特に、近年では、舶用機関の高度化の進展、整備業務の陸上移管の進行、予防整備に対する要請の高まりなどにより、整備技術者に対しては、より高度な技術と幅の広い知識が求められている。
 しかしながら、多くの機関整備事業者にとって、個々にその技術者に対して機関整備にかかわる体系的な知識を習得させることは困難であり、業界の整備技術水準の維持、向上という観点から、舶用機関整備士資格検定制度の担う役割はこれまでにも増して大きなものとなっている。
 このため当協会においては、平成7年7月の設立以降、ディーゼル機関を対象とした舶用機関整備士の資格検定事業を、整備事業者の技量水準向上のための中心的な事業として位置づけ、その内容の充実に取り組んでいる。また、各方面よりの要望に応える方向で、小型船舶の多くが搭載しているガソリン機関を中心とした船外機整備事業者の技量水準向上のため、平成14年度より資格検定事業の一環として取り組むことにしている。
 本指導書は3S級舶用機関整備士資格受験者の指導書として主にエンジン等の構造面を中心に作成されたものであり、3S級舶用機関整備士資格の受験者のみならず、多くの船外機整備者が日常の整備作業において幅広く活用して頂ければ幸いである。
 なお、本指導書は、日本財団から多大なご支援をいただき心から御礼申し上げるとともに、作成に当たりご指導ご協力いただいた関係者各位に対して深く感謝申し上げる次第である。
 
社団法人 日本舶用機関整備協会







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
1,268,019

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.1級舶用機関整備士指導書
5.2級舶用機関整備士指導書
6.3級舶用機関整備士指導書
7.1級舶用機関整備士問題集
8.2級舶用機関整備士問題集
9.2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から