日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

3級舶用機関整備士指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


2.12 排気色の測定器
 最も一般的に広く用いられているものにボッシュ型ディーゼルスモークメータがある。これは排気ガスをポンプで吸い取り一定容積内に含まれる煤をろ紙に採取し、これに標準光を照射し、濃度を測定するものである。
 
2.13 捩り振動の測定器
 中低速機関にはDVL捩り振動計やガイゲル形捩り振動計が広く用いられている。又、高速機関には、電気式捩り振動計が用いられている。いずれも測定後に記録紙又はテープの解析を行い電算機にインプットして計算しなければならないため捩り振動の測定はメーカヘ依頼して行うようにする。
 
2.14 ネジの締付力の測定器
 一般に広く用いられているのがトルクレンチであり小形のものから大形まで各種のものがあり、4・21図にその一例を示す。
 
4・21図 トルクレンチ
 
 
2.15 振動の測定器
 アスカニヤ式手持振動計が広く用いられている。ゼンマイ仕掛けの記録紙送り装置を持ち振幅が記録紙に記録されるようになっており、計測後、記録された振幅を拡大鏡で読み取り振幅を算出する。
 
2.16 電気の測定器
 機関に使用されている電気部品は多い。その故障の原因は各部分の電圧値、電流値又は抵抗値のどれか(または全部)が適正でないことによることが多い。
 一般に、電気、磁気に関する量は機械的量と異なりわれわれの視覚・聴覚・触覚などで直接感じることができないので計測器に全面的にたよることになる。なお、測定器の使用に際しては、正しい使用方法を知ることはもちろん、その構造や性質を十分知っておく必要がある。
 
1)電圧、電流の計測
(1)サーキットテスタ
 サーキットテスタは、交流の電圧、直流の電圧、電流および各種の抵抗を測定するもので、用途は非常に広い。
 テスタにはリード線のさし替え式とロータリスイッチ式がある。ロータリスイッチ式の方が測定レンジの切換えが早く使いやすい。
 4・22図に従来の指針式テスタを示すが、最近はこれに代って表示部分がデジタル方式のものも普及してきている。
 
(拡大画面:46KB)
4・22図 サーキットテスタ
 
(2)電圧計
 電圧計は、電気回路各部の電圧を測定する計器で、内部抵抗が極めて高い。一般にはサーキットテスタが使用されるが、より精度の高い電圧測定に使用する。
 なお、4・23図に示すような電圧計と電流計がセットになった電圧電流計もある。
(3)電流計
 電流計は回路に流れている電流を測定する計器で、電圧計とは逆に内部抵抗はきわめて小さい。次項に記すクランプメータと同様に、精度の高い電流測定ができる。
 又、大電流の測定には4・24図に示すようなシャント(分流器)を併用する。
 
4・23図 電圧計と電流計
 
4・24図 シャント
 
(4)クランプメータ
 クランプメータはサーキットテスタでは測定できない大電流の測定が可能で、しかもサーキットテスタと同様に電圧や抵抗の測定もできる。特に電力ラインを切離さずに活線の状態で直流および交流の電流を測定することができる。最近はデジタル表示のものが主流になりつつある。
(5)計測要領
 電圧、電流を正しく計測するためには、計器の最大目盛(容量)が計測するものより大きく、かつできる限り近い値のものを選ぶ事が望ましい。計測予測値が不明の場合や計測器が切換式のものであれば、最初、容量の大きなもので計測し、その結果から適切なレンジを選定して再度計測する。このようにして計器の損傷防止を図ることが重要である。なお、大電流を計測する場合には、シャント等を併用する。
 注 直流の計測には(+)(−)に注意すること。
(イ)直流電流の測定要領
 電流計は原則として、測定する回路に対して直列に接続しなければならない。測定しようとする部分を切断して、その両端を電流計に接続して計測する。4・25図にその一例を示す。なお、負荷が入っていない状態で計測するとメータおよび結線を一瞬にして焼損するので注意すること。
 
4・25図 直流電流の測定
 
(ロ)直流電圧の測定要領
 電圧計は電流計と違って、測定部分に対しては原則として並列に接続する。したがって、回路を切断するわずらわしさがない。4・26図に一例を示す。
 
4・26図 直流電圧の測定
 
(ハ)交流電圧の測定要領
 直流電圧と同様に測定部分に対して並列に接続する。4・27図に一例を示す。
 
4・27図 交流電流の測定
 
(ニ)機関付属発電機発生電流の測定(蓄電池充電電流の測定)
 機関を始動させ、バッテリの(+)端子よりバッテリケーブルを取りはずし、電流計を4・28図のように配線する。計器をセットしてから機関を始動させると数100アンペアの電流が流れ、メータおよびコードを焼損するので注意すること。
 
4・28図 バッテリ充電電流の測定
 
(ホ)シャントを併用する場合
 測定しようとする電流が流れる回路に、その電流に十分耐える、なるべく短い電線を使用し、4・29図のようにシャントを直列に接続する。次にシャントに(十)、(−)の極性を合わせて電流計を並列に接続する。
 
4・29図 シャントを併用する場合







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
304,340

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.1級舶用機関整備士指導書
5.2級舶用機関整備士指導書
6.3S級舶用機関整備士指導書
7.1級舶用機関整備士問題集
8.2級舶用機関整備士問題集
9.2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から