日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

3級舶用機関整備士指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


(6)排気タービン過給機の構造
 排気タービン過給機は、通常一段の排気ガスタービンと、その同一回転軸上に取り付けられた遠心式コンプレッサとよりなっており、排気により過給用コンプレッサを駆動する装置である。
 現在わが国においても数社において種々の形式のものが製作されているがその構造は大体同様である。
(1)軸流式タービン過給機(アキシャルタービン)
 軸流式タービン過給機はガスがタービンホイールを軸方向に流れる形式で最も普通に用いられ、2・199図に示す様に端部よりガスを入れ、中央部より排気する構造が多い。タービンブレード及びタービンホイールはSUHまたはナイモニック等の耐熱鋼製で、現在の所最高600℃〜650℃まで使用して差支えない。ブレードの翼車への取付は、クリスマスツリー型または、球根型の植込式とするか、あるいは溶接する。タービンホイールは回転軸と一体構造もあるが、焼嵌めあるいは押込式のものが多い。
 
2・199図 軸流式タービン断面図
 
(a)タービンノズル
 耐熱鋼製のノズル板と内外輪の組立式および耐熱鋼のノズル板を鋳込んだり、または溶接したりしたものがある。
(b)送風機
 扇車は軽合金鍛造材から削出しのもの、あるいは軽合金鋳物直線放射状で空気流入部のみ機械加工完了後折り曲げたものがあるが最近では、この部分も機械加工して効率の上昇と強度の増加を図ったものや、空気流入部のみを別体とした精密鋳造製のものも使用されている。
(c)軸受および給油装置
 軸受にボールまたはローラベアリングを用いたものと平面軸受を用いたものがあり、両端支持形式と、中央支持形式とがある。ボールまたはローラベアリングは、回転軸が高速回転であり、かつ運転時には軸受部の温度が60℃〜70℃に上昇するので、普通形より遊隙が多く、かつ精度の高いベアリングを必要とする。ベアリングとケーシングの間に弾性体のダンパを置き、運転時、熱の影響によりケーシングが変形しても長年の使用によって回転体に僅かなアンバランスが生じても軸受に無理がかからぬ様になっており、かつ軸に加わる衝撃力を緩和するとともに軸危険回転数の上昇を図っている。スラストは送風機側で受け、タービン側に軸が膨張できる構造が多い。ボールおよびローラベアリングは給油量が少量ですむので回転板式の潤滑油ポンプで十分であり、構造が簡単となる。平面軸受けはスラスト軸受が別に必要である。給油は過給機軸端より駆動する潤滑油ポンプを使用するか、あるいは機関より直接給油する。大型の軸流式タービン過給機では平面軸受を用いるものが多い。
(d)回転軸
 回転部分は高回転に備え十分動的バランスを取ってある。軸受部へのガスの流入および潤滑油の流出を防止するため軸上に油切リングおよび気密用ラビリンスを置き、ラビリンス中央部へ送風機より高圧空気を導く構造が多い。
 また排気ガスによる軸の過熱を防止するため軸外周に冷却筒を設け、これと軸との間に冷却用空気を流す構造が普通用いられる。輻流形の場合は軸を潤滑油で冷却する事が多い。
(e)ケーシング
 軸流式タービン過給機は鋳鉄製水冷の排気出入口ケース、および耐蝕性軽合金製の送風機出入口ケースとよりなり、各ケースは軸回転方向に30度または60度毎に異なったいずれの位置でも組立られる構造となっているものが多い。輻流式タービン過給機または、小形過給機ではタービンケースを空冷する事が多い。
(f)空気入口部
 吸気入口ケースを用い室外より吸気入口管をへて吸気することもあるが、普通入口部にはフィルタサイレンサを取付け、機関室内より吸気する。布と金網を重ねた濾網製のフェルト形耐蝕金属の金網を重ねた金網形と、径および長さが10mm程度の金属またはプラスチック製円筒を数多く詰め合せた金環形フィルタとがある。洋上の大気はホコリが少ないので、舶用には金環形または金網形を用いることが多い。最近では、これら過給機本体取付のフィルタの外側に、ポリエテスル樹脂等の通気性のある多孔質でできた薄板状のフィルタを取付け吸入空気を二重に濾過することもある。この外側フィルタは装着取外し、洗浄が容易であるため運転中にも簡単に洗浄できる。
 またコンプレッサの洗浄装置を空気入口部に設けたものもある。本装置は機関運転中に洗浄液をコンプレッサに注入し、インペラおよびディフューザを簡単に洗浄することができる。タービンにもこれと同様の洗浄装置を設けているものもある。
(2)輻流式タービン過給機(ラジアルタービン)
 輻流式タービン過給機はタービン扇車内をガスが半径方向に流れる形式であり、中高速機関用として多く用いられている。輻流式タービン過給機はガス流量が少なく、ガス圧力の高い場合は、理論的にも軸流式タービン過給機よりすぐれており、小形になるため中小形高速過給機関に適しており、最近では漸次従来の軸流式タービン過給機に代わって進出する傾向にある。排気ガスは2・200図の様にタービンケースの外方から流入し軸端より軸方向に放出される。タービン扇車は、精密鋳造等による特殊耐熱合金製で軸と一体、又は焼嵌または溶接構造となっている。なお、輻流式タービン過給機の多くは機関の潤滑油ポンプにより強制潤滑している。
 
(拡大画面:90KB)
2・200図 輻流式タービン断面図
 
(過給機運転上の注意)
 コンプレッサ出口の給気圧力または過給機回転速度を測定し、同一運転条件時の機関記録の給気圧力(または過給気回転速度)と比較し、機関または過給機の異常点検の目安とする。また潤滑油が軸受部に正常に供給されているか、潤滑油ポンプ内蔵の過給機では油溜りの潤滑油油面、外部給油式過給機では過給機入口潤滑油圧力を点検する。その他、過給機に不具合が生じた場合は過給機から発生する音にわずかな変化が生ずることが多く、この場合負荷を下げ、聴音棒等により過給機が正常に回転しているかどうか事前に確認することも事故を未然に防ぐ上で有効である。
(a)使用潤滑油
 過給機の軸受形式により、またメーカにより多少の相違はあるが、取扱説明書に指示されたものを使用することが必要である。
 一般にはディーゼル機関用と同質の油またはタービン油が使用される。近年は機関の正味平均有効圧力の上昇にともない油溜りをもつポンプ内蔵式の過給機では油溜り油温が80℃を越えるものもあり、特別の潤滑油を指定される場合がある。いずれにしても正常な潤滑油を常に使用することが好ましく、油溜りの中の水分や凝縮物をドレン栓を抜いて時々除去するとともに指定された交換時間を守ることが必要である。
(b)使用冷却水
 水冷式タービンの冷却水には清水、海水のいずれでもよいが、その出口温度はケースの腐食防止、及び水中の塩分の附着防止上から、低過ぎることも高過ぎることも好ましくない。
(c)過給機の汚れ
 過給機の汚れは、主としてコンプレッサ側では吸込空気(一般には機関室内空気)とともに霧状の油性ミスト等を吸込み、インペラ、ディフューザ、ケースおよびフィルタ等の表面に粘性の付着物がつく場合であり、一方タービン側では排気ガス中のカーボンおよび燃料中の無機物質等によりノズル、タービンブレード、ケース等に固い付着物がつく場合である。したがって汚れの度合いは吸込空気の清浄度、燃焼の状態および使用燃料によって左右されるので、汚れの早い場合は、メーカの定期的点検時間にこだわらず状況に合わせて適時に各部の洗浄を行うことが必要である。
 過給機の汚れは性能の低下をまねくばかりでなく、回転部の不釣合が増すこととなり、ベアリングの損傷、インペラあるいはタービンブレードの損傷につながることから、過給機の保守の上で最も注意すべきことの一つといえる。
 汚れをできるだけ防止するためには
(i)吸込ダクトにより機関室外部より空気を吸込む方式とする。
(ii)機関の燃焼を良好に保つ。
(iii)フィルタの除塵性をよくする。(エバーライトフィルタなどをフィルタサイレンサの外周に巻く)
等の処置をすることが必要である。
(d)コンプレッサの洗浄
 前記の過給機の汚れのうち、吸気圧力が低下し、排気温度が高くなる等の機関の性能低下をまねく主原因はコンプレッサ部のインペラおよびディフューザの汚れによる場合が多い。これを防止するには過給機を分解することなく、運転中に、水または特定の洗浄液をインペラに向けて噴射し、化学的または、機械的にその付着物を除去する。
 洗浄時期は、当初の吸気圧が10%程度低下した時点が、一応の基準とされているが、状況に合わせて行うのが良い。具体的な洗浄方法はメーカにより多少相違はあるが、説明書に従って実施することが大切である。また、コンプレッサのみでなく運転中にタービン部も洗浄する場合もある。
(故障原因と予防)
 過給機は運転中に数万回転の高速回転をするため異物などがタービンやコンプレッサ内に入り込むと非常に強い衝撃を伴いタービンブレードやコンプレッサホイールの羽根が曲ったり折損して飛散し、大きな衝撃音が連続して発生すると同時にケースと干渉したりしてロータ軸が曲がり運転不能になることもある。このような事故は組立時に異物が排気管内に入ったり、サイレンサから吸い込んだりせぬように注意すれば避けられることである。
 以下運転中に発生する主な事故と原因ならびに予防について説明する。
(イ)過給機タービンロータ軸の焼付き
 潤滑油の不足、油膜切れ、ガス浸入などにより発生することが多く、特に潤滑油フィルタの詰り、汚れ等による給油不足の他に始動時のウィング不足や、高負荷運転後の機関急停止など取扱い上の不注意により発生する場合が多い。
(ロ)タービンブレード破損
 殆んどの場合は吸排気弁傘部の欠損による破片がタービンブレードに巻き込まれ二次的事故として破損することがある。運転中タービン部から異音が発生したら直ちに機関を停止し、タービンブレードを点検することが重要である。ブレードが曲ったり折損していると高速回転におけるバランスが崩れ、振動が出たり、タービンロータ軸が曲り、大事故となる恐れがある。吸排気弁のスキマを点検するか各シリンダの圧縮状況を点検して傘部欠損シリンダをさがすことが大切である。
(ハ)タービンケースの赤熱
 排気温度が異常に高い場合であり、過負荷運転、燃焼不良によるアフタバーニング、機関室温度の異常上昇、排気弁からのガスもれの他、空気冷却器の汚れによる冷却効果の低減、などにより発生する。但し夜間などはタービンケースが赤熱して見えることもあり、正常な排気温度か否かを点検する必要がある。
(ニ)給気圧力の低下
 サイレンサカバー(フィルタ)の汚れ、コンプレッサホイールの汚れ、タービンブレードのカーボン汚れ、タービン背圧が高過ぎるなどのほか吸気系統のもれ及び排気ガスのもれなどがある。
 コンプレッサホイールの汚れ清掃は少量の清水を高負荷運転中に注入して行う方法もある。またサイレンサのスポンジフィルタは中性洗剤で洗ったあと清水で良く洗って陰干しにして使用する。
 背圧がメーカの規定値を越える場合は悪影響が出るため、抵抗を少なくするように配管しなければならない。
(ホ)コンデンス現象によるトラブル
 大気の湿度が高い時に高過給機関では空気冷却器内の温度低下が大きく空気中の水蒸気が凝縮して大量のドレンを発生することがある。
 この多量なドレンを機関に吸い込ませると、運転中再び蒸気となり排出されるので直ちに事故とはならないが、吸気弁やライナの腐蝕などを促進したり、また停止中にシリンダ内へ流入し、弁およびシート、ライナ、ピストンリングなどに錆を発生させるためできるだけ凝縮水をシリンダ内へ吸い込ませないようにすることが大切である。
 このため殆んどの空気冷却器にはドレンコックを設けたり、ドレンセパレータを設けており、運転中にはこれらのドレンコックを開いてドレンを排出することが湿度の高い時には必要である。ドレンコック開放運転による給気圧力の低下はそれ程、大きな影響はない。
(ヘ)サージング現象
 コンプレッサ側に発生する不安定な運転状態であり、故障ではないがコンプレッサホイールが正転しているにもかかわらず圧縮空気が逆流し、振動と大きな騒音を発生する。この現象をサージングと云い高速高負荷運転中、急激に低速回転域へ調速ハンドルを操作した時に発生し易く、特に空気冷却器の空気通路が汚れ不純物が堆積して通路が狭くなっている場合は中低速高負荷運転時に発生し、運転不能となることもあるため空気冷却器は定期的に清掃することが大切である。サージング現象が連続して発生する場合は機関回転数を下げるか負荷を減少して早く脱出することが重要である。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
18位
(32,929成果物中)

成果物アクセス数
441,534

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年2月27日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.1級舶用機関整備士指導書
5.2級舶用機関整備士指導書
6.3S級舶用機関整備士指導書
7.1級舶用機関整備士問題集
8.2級舶用機関整備士問題集
9.2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から