日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

3級舶用機関整備士指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


2.3 動弁装置
 ピストンの動く位置に応じて、吸排気弁をタイミングよく開閉させる機構であり、一般にクランク軸の回転を、クランク軸に焼嵌されたクランク歯車から、中間歯車を介してカム歯車に伝え、カム軸に設けられた吸排気カムにより、タペットを上下に動かしこれに連動する弁押し棒(プッシュロッド)により弁腕(ロッカアーム)を動かす。弁腕先端は弁腕支え台に支えられた弁腕軸(ロッカシャフト)を支点として上下に動き、弁押し棒と反対側で吸排気弁それぞれの弁頭に動きを伝え、弁を上下に動かして開閉させる。この一連の装置を動弁機構と云う。なお、殆どの機関は、シリンダヘッドの上部に弁、弁バネ、弁腕、弁腕軸などを囲って弁腕室を設けエンジンオイルで強制潤滑しているが大型機関では弁腕室のみ別のオイルで潤滑する構造としたものが多い。
 
2・74図 動弁機構図
 
1)クランク歯車、中間歯車、カム歯車
 これらの歯車を調時歯車(タイミングギヤ)と云い機械構造用炭素鋼又は特殊鋼などで造られ、歯形には、平歯、ハスバ歯が用いられるが高速機関には騒音面で有利なハスバ歯車が多く使用されている。
 歯面は浸炭焼入れ又は高周波焼き入れして硬度を上げ耐摩耗性を向上させている。
 
 
2・75図 ギヤトレイン
 
2・76図 中間歯車の取り付け
 
 クランク歯車は殆どがキーで位置決めをし、焼嵌めによりクランク軸に取り付けられており、これら噛合伝動系(ギヤトレイン)の起点となる歯車である。
 2・75図は、ギヤトレインの一例であり、タイミングを合わせるためにそれぞれの歯車には噛合いマークが打刻されている。
 中間歯車はクランク歯車とカム歯車の中間にあって回転を伝える歯車である。中心に軸受けブッシュを圧入して中間歯車軸台に取り付け、挿入側に歯車が抜け出さないようストップリングか押さえ板が取り付けられている。
 カム歯車はカム軸にキーで位置決めしてナットで固定するか、押さえ板を介してボルトで締め付け固定している。潤滑は殆どの場合飛沫注油であるが中間軸ブッシュヘは、シリンダブロックからパイプで強制注油している。
 
2)カム軸と軸受けブッシュ
 カム軸には吸排気カム、燃料噴射ポンプカムを、軸と一体で鍛造または鋳造したものと、カムと軸を別々に造り、軸にカムをキー止め又は焼嵌めする方式とがあり小形機関には殆ど一体鍛造のものが使われている。軸受け部とカム表面には高周波焼入れを施して硬度を上げ、耐摩耗性の向上を図っている。又、カム表面は焼き入れ後、研磨によりカムプロフィルを正確に形成させている。なお、最近の高速機関には列形噴射ポンプが使われており、これらの機関では吸排気カム軸と燃料カム軸は別々につくられている。
 カム軸はシリンダブロックに設けられたカム軸受け孔へ軸受けブッシュを組み付け、この軸受けを介して支持されており、4サイクル機関ではクランク軸の1/2の回転で廻され、吸入、圧縮、燃焼、排気の行程を完了するのに丁度1回転するように作られている。
 軸受けブッシュヘの注油はシリンダブロック内に設けられた油孔から各軸受けブッシュの油孔を通して供給される。
 カムリフトは2・77図に示すようにカムの最大径と最小径との差であり、このリフト量が弁腕の長さの比率に応じ、吸排気弁の作動リフト量になる。
 
2・77図 カムリフト
 
3)タペット
 タペットはカム表面に接触し、タペット孔を上下に動きその動きをプッシュロッドを介して弁腕に伝える役目をしている。
 タペットには2・78図に示すように、接触面にローラを使用したもの、平面又は曲面を持つキノコ形(マッシュルーム形)又はピストン形のもの及びレバーを介してタペットを動かすもの等がある。
 カムとの接触面は焼き入れして耐摩耗性を向上させているが小形高速機関によく使われるピストン形やキノコ形のタペットにはチル鋳鉄が多く使用されている。
 キノコ形及びピストン形のタペットは、カム接触面が均一に当たるように、殆どの機関はカム巾の中心とタペットの中心とをずらし(オフセットして)運転中にタペットが回転するようにしてある。(2・79図
 
2・78図 タペット
 
2・79図 タペットの取付け位置
 
4)プッシュロッド(弁押し棒)
 プッシュロッドはタペットの動きを弁腕に伝える役目をしており、高速運転時には大きなバネ荷重と慣性力が働くため、重量が軽く、且つ圧縮に対し十分なる強度を有する材料が要求される。又機関からの熱を受けるので、熱膨張の少ない材料が望ましい。そのため丸棒又は中空丸棒が使われ2・80図Aに示すような形状に加工し、耐摩耗性を上げるため両端を表面硬化するか、B又はCの如く焼入れ硬化した凸球面又は凹球面状の部品を両端に溶接して使用している。
 
2・80図 プッシュロッドの形状







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
19位
(29,208成果物中)

成果物アクセス数
316,112

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月21日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.1級舶用機関整備士指導書
5.2級舶用機関整備士指導書
6.3S級舶用機関整備士指導書
7.1級舶用機関整備士問題集
8.2級舶用機関整備士問題集
9.2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から