日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2級舶用機関整備士指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


1.4 組立及び芯出し
1)組立て
 組立ては分解と同じく、取扱説明書又は整備マニュアルの順序に従って適正な工具や専用(特殊)工具を用い部品の組忘れ、締め忘れなど、落ちのないことを確認し、摺動部には潤滑油などを塗布しながら一つひとつ確実に組立ててゆくことが大切である。なお組立て中のチェックポイントは忘れず確実にチェックし、まちがいのない事を確認してから次へ移ることが大切である。
(1)一般的注意事項
(1)組立て中にゴミなどが入らぬよう、特に軸受などの摺動部は部品の組付け前に清浄な洗い油で再洗浄し、圧縮空気を吹き付けて乾燥させた後十分潤滑油を塗布して組立てる。尚手袋、ウェイス等は使用しないこと。
(2)組立て中のチェックポイント(組立基準寸法、スキマ、バックラッシュ、タイミングその他)は必らず計測し記録しておく。
(3)適正パッキン(純正部品)を使用する。耐油耐熱性のないゴムパッキンなどを使用すると思わぬ事故となる。
(4)オイルシールの組付けはリップに傷をつけぬよう軸やリップにグリースを塗り、ガイドを用いて組付けるなど細心の注意が必要である。
(5)折曲げ座金や割ピンなどは必らず新品に交換し、正しく取付ける。特に運動部の割ピンは曲げたあと動かぬことを確認する。
(6)ボルト、ナットのネジ部および座面にはメーカで指定したオイル又は潤滑剤を塗布して締付ける。
(7)ネジの固いもの、ネジ山のくずれたもの、ナットや座金の肌付面にめくれなどのあるものは交換する。
(8)シリンダヘッドなどの主要ボルトは片締めにならぬようメーカで指定された締付け順序通り2、3回に分け徐々に締付け、最後はトルクレンチを使用して、規定トルクで確実に締付けること。なお、メーカで締付角度、あるいは伸びを計測して締付ける等の指示のあるものについては、それに従うこと。
(9)高熱にさらされる箇所のボルト、ナットにはモリコートなどの焼付防止剤をネジ部にうすく塗布すると良い。
(10)ネジ部の長さや材質の違うボルトを使用してはならない。
 
2)芯出し調整法
 2つの回転軸を連結する場合、必ず芯の調整が行われる。両軸芯の変化量を規定の数値に調整することを芯出し調整という。
(1)測定法の種類
(1)ダイヤルゲージによる場合
 軸の片側にダイヤルゲージを固定して軸を回転させ他の軸芯の位置を数字的に知る方法。
(2)インロを入れた状態で両軸のカップリング間のスキマをスキミゲージで計測し数字的に知る方法。
(3)糸芯を張ってパスなどでこの糸芯から軸受部の内周面までの寸法を測定して知る方法。
(2)据え付け面への調整締め付けについて
 機関台に締め付け後良好な芯が確認されなければならないが、その良好な位置を決めるには機関台と機関または軸受取り付け面との間にチョックライナを挿入して調整する。経年変化等で再修正を行う場合には少量のシム等で調整することもある。
 なお、チョックライナの勾配は100mmで最大0.3mm以下とすること、大きな勾配がある場合は何等かの方法で抜け止めを施工する必要がある。
 経年変化によりチョックライナがぬけだしていることもあり、整備時には、チョックライナの状態を確認する必要がある。
(3)デフレクションの計測
 クランク軸デフレクションの計測位置は、2・3表に示すとおりである。
 
2・3表 芯出しについて
(拡大画面:78KB)
 
 デフレクションの許容限度については、従来は日本海事協会が作った表があったが、今日では各エンジンメーカの取扱説明書に記載されている数値を基に判断をする。この理由は、本来のデフレクションを計測する目的であるクランク軸のピンと、アームの隅肉部に発生する内部応力を見定めることが、個々のクランク軸の持っている材質、形状等を無視して1つの表の中で決めることは困難であることにある。ただし、計測結果から判断しなければならないことは、クランク軸が2・7図のどちらの方向に変形しているかである。
 船舶機関規則では許容限度を2・3表の如く決めているが、『なお、座礁等の事故により著しく変形を生じた場合を除き、上死点と下死点における内側間距離の差である△αが負となる場合(上開き)は、−2S/10000を下回っても差し支えない』とある。
 計測時、ゲージを直読すると+と−が逆になることがあるので注意のこと。
 
2・7図 クランク軸の変形
 
1.5 始動および試運転
 組立てた後、初めて運転するのであるから、各部を十分に点検してから行わなければならない。次の点をよくチェックすること。
 
1)始動前の調査
(1)各部、締め忘れのないことを確認する。
(2)回転部、弁腕等の運動部分にスパナや、工具等を置き忘れたりしていないか、各部点検する。
(3)別ポンプでブラッシング油を使用して潤滑油系統の清掃を行う必要がある。またブラッシング油を使用せず、使用潤滑油をそのまま使用することもできるが、いずれの場合も主軸受メタルの手前に、こし網を入れ且つメタルにオイルを流さないで直接オイルパン内に落すように考慮することが必要である。
(4)水や油を注入した後、別ポンプで圧力を加え、洩水、洩油の有無をチェックするとともに潤滑油のプライミングを行い機関内部に給油されていることを確認する。
(5)燃料ハンドルを停止位置にして、燃料ポンプのラックがカット位置にある事(燃料がカットできるか)を各シリンダについてチェックする。また列形ポンプにおいては停止レバーで燃料カットができるかチェックする。
(6)ガバナと燃料ポンプ連結リンクがスムーズに作動するか、またリングピンの抜け止めは確実かをチェックする。
(7)クランク軸のターニングを行い、回転部分の異常、燃焼室部分への異物の混入のないことを確認する。
 
2)始動後の注意
(1)各部の水もれ、油もれを十分調べ、異常があれば修正する。
(2)油圧、水圧、冷却水の出具合を確認すると共に異音等の発生がないかチェックする。
(3)機関音や排気色、ミストガスの量に注意し異常の有無を調べる。
(4)始動数分後に一度機関を停止させ、各軸受部に異常な発熱がないか点検する。
 
3)試運転時の注意
(1)負荷は徐々に増加させ、異常があれば点検修正し、燃料ポンプの吐出量及び噴射時期を調整してシリンダ内最高圧力(Pmax)および排気温度を揃える。
(2)ピストンリング、シリンダライナ、主軸受メタル等、摺動部品を交換した場合には、十分なじむまで数時間のならし運転(回転数の増加を段階をつけて徐々に行う)を行わなければならない。この負荷のステップアップについてはメーカの指示に従うこと。特にクロームメッキライナやクロームメッキピストンリングを使用している場合には、十分なならし運転が必要である。
(3)芯出しが正常かどうか運転中の各軸受温度に十分注意すること。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
5位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
810,309

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.1級舶用機関整備士指導書
5.3級舶用機関整備士指導書
6.3S級舶用機関整備士指導書
7.1級舶用機関整備士問題集
8.2級舶用機関整備士問題集
9.2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から