日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

1級舶用機関整備士指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


5.3 遠隔操縦装置・保護装置の保守・点検
1)遠隔操縦装置に対する規則
(1)船検第177号、船検第325号
 非常停止装置の要求
 制御回路無電圧警報装備要求
 燃料調整軸に過負荷ストッパ追加要求
 クラッチ嵌インタロック装備要求
 操縦空気圧力低下警報装備要求
 警報の個別化、ディマー、続発方式、警報テストの装備要求
 操縦場所、機関状態表不設備要求
 警報電源のDC化要求
 空気弁閉警報装備要求
(2)舶査145号、船舶機関規則
 操縦空気源2系統化の要求
 LO圧力危急停止装置の装備要求(735kW(1,000PS)以上のCPP又はクラッチ付き機関のみ)
 過回転危急停止の装備要求(735kW(1,000PS)以上のCPP又はクラッチ付き機関のみ)
 
2)就航時の保守・点検内容
(1)毎日1回、ランプテストの押しボタンを押して、表示灯の切れ、ゆるみがないか点検する。
(2)初航、整備・修繕後の航海の時には、振動等で各結線の圧着端子取り付けのビスがゆるんでいないか、1ケ月後に点検する。
(3)自動停止装置や警報系の安全装置が正しく作動するか、半年に1度は点検する。
(4)空気タンクのドレンは、当直毎に1回以上抜く。
(5)空気系統のエアフィルタの掃除を毎月1回行う。フィルタ中身の取り替えは毎年定期的に行う。
(6)リモートコントローラの設定値は、正しくセットされているか、半年に1度は点検する。
(7)制御用減圧空気用の圧力計が正しく指示しているか、設定値はよいか1月1度点検する。
 
3)電気系統部品の点検及び交換時期
 
○:点検 ◎:交換 ※:オーバホール
No. 点検項目 1 2 3 4 5年目
1 リレー関係: 表示灯、警報用
制御用、
電磁弁用、ガバナモータ
2 ポテンショメータ関係: 操縦ダイアル、コネクタ
ガバナ追従箱用
ポータブル操縦用
3 増幅器関係: 制御用
4 指示計関係: 機関回転計、プロペラ翼角計
5 検出スイッチ関係: リミットスイッチ
圧力スイッチ、温度スイッチ
6 ガバナモータ関係: モータ
カーボンブラシまたはブレーキ
7 電磁弁関係: 各電磁弁
 
4)中間検査、定期検査時の点検内容
(1)リモートコントローラの電源はAC100V、AC24Vの各電圧を測定する。
 電圧は定格の±10%以内にかならず保持されていること。
(2)各リミットスイッチ、圧力スイッチ、電磁弁回路、ガバナ追従箱等の本体、電源の絶縁はよいか。(アースしてないか調べる)
 また線を外して、テスタ等によりON、OFF時の作動で導通テスト結果がよいかを点検する。
(3)リレーパネル盤、電源パネル盤等、各結線の圧着端子の断線はないか。
 また、リレー等の接点部の摩耗や焼損しているものがないか。
 特に、リレーのコイル部の色が少し変わっているものは新替えする。
(4)各ポテンショメータ10kΩ、または5kΩのオイルの漏れがないか点検する。
(5)各電磁弁本体取り付けビスがゆるんでいないか。
 また、各電磁弁用スプール弁は摩耗していないか、ゴミによる固着はないか点検する。
(6)ガバナ追従箱の軸受、リンクピン、歯車等の取り付けにコジレ、ゆるみ、ガタ等がないか点検、要すれば調整する。
 
5)使用部品の説明例
(1)リミットスイッチ・マイクロスイッチ 記号:LS
 端子を取り外しテスタでチェックする;不具合があれば交換する
 
C(コモン)とN.Oの場合
 外部力無し−導通無し
 外部力有り−導通有り
CとN.Cの場合
 外部力無し−導通有り
 外部力有り−導通無し
 
(2)ベローズ式圧力スイッチ 記号
 導通チェック(外部端子を外してから行うこと)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
13位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
457,572

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士指導書
5.3級舶用機関整備士指導書
6.3S級舶用機関整備士指導書
7.1級舶用機関整備士問題集
8.2級舶用機関整備士問題集
9.2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から