日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

1級舶用機関整備士指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


7・5表 異常発生の原因とその対策
異常と認められる状態 原因 安全対策  運航中の応急対策
No. (a) (b) (c) (d) (e) (f) (g) (h) (i)
(1)             船尾管内への海水の浸入 ・No.1、No.2シールリングの点検取替
・後部ライナの取付誤差の点検、修正
・ライナおよびケーシング取付ボルトの点検、パッキンの取替
・海水冷却式のクーラの点検、修理 
主軸回転速度のスローダウン
(2)               軸受の損傷 ・入渠時補修またはリメタル 主軸回転速度のスローダウン
(3)             潤滑油系統の不良 ・不良箇所の修理  
(4)                 潤滑油の汚濁 ・潤滑油の清浄または新替  
(5)               後部ライナ取付不良 ・ライナの取付誤差の点検、修正  
(6)               #1、#2シールリングの損傷または異物のかみこみ ・シールリングの点検、異物の除去または取替 船尾管内の油圧を上昇させるためビニール管を仮設する
(7)                 #3シールリングの損傷または異物のかみこみ ・シールリングの点検、異物の除去または取替 船尾管内の油圧を下降させるためビニール管を仮設する
(8)               各パッキン不良 ・ライナおよびケーシング取付ボルトの点検、パッキンの取替  
(9)       クーラの不良 ・点検、修理 潤滑油用クーラの使用を止める
(10)               前部シールのポンピングアクション ・前部ライナ取付位置および取付精度を点検、適正位置へ修正、軸系アライメント修正  
(11)               前部ライナが船首側に抜き出ている ・適正位置へもどす 停船しライナ位置を適正位置にもどし確実にボルト締めする
(12)           #4シールリングの損傷または異物のかみこみ ・シールリングの点検、異物の除去または取替 前部シールの油タンクの空気抜きを封じ時的にNo.5シールリングで密封する
(13)             #5シールリングの損傷または異物のかみこみ ・シールリングの点検、異物の除去または取替  
(14)           ライナの異常摩耗 ・各ライナを再加工または取替(前部ライナの場合は船尾側へ移動させて使用する)  
(15)               前部ライナ取付不良 ・前部ライナの取付け誤差の点検、修正  
本表の使用方法  7.4表により運航中の点検を行い異常をみつけた場合には、(a)〜(i)のうち異常が発見されたその項目について、7.5表のNo.(1)〜(15)の丸印をつけたものより原因をみつけその対策がわかります。
 
 
7・6表 シールリング内径とライナ修正加工代
単位:mm
TYPE ライナ外径 シールリング内径
(スプリング付)
締しろ ライナ修正しろ TYPE ライナ外径 シールリング内径
(スプリング付)
締しろ ライナ修正しろ
125 125 121.5 3.5 1.5 500 500 495.5 4.5 1.5
155 155 151.5 3.5 1.5 530 530 525.5 4.5 1.5
170 170 166.5 3.5 1.5 560 560 555.5 4.5 1.5
190 190 186.5 3.5 1.5 600 600 595.5 4.5 1.5
200 200 196.5 3.5 1.5 630 630 625.5 4.5 1.5
220 220 216.5 3.5 1.5 670 670 665.0 5.0 2.0
240 240 236.0 4.0 1.5 710 710 705.0 5.0 2.0
260 260 256.0 4.0 1.5 750 750 745.0 5.0 2.0
280 280 276.0 4.0 1.5 800 800 794.5 5.5 2.5
300 300 296.0 4.0 1.5 850 850 844.5 5.5 2.5
330 330 326.0 4.0 1.5 900 900 894.5 5.5 2.5
355 355 351.0 4.0 1.5 950 950 944.5 5.5 2.5
380 380 375.5 4.5 1.5 1,000 1,000 994.5 5.5 2.5
400 400 395.5 4.5 1.5 1,060 1,060 1,054.0 6.0 2.5
420 420 415.5 4.5 1.5 1,120 1,120 1,114.0 6.0 2.5
450 450 445.5 4.5 1.5 1,180 1,180 1,174.0 6.0 2.5
480 480 475.5 4.5 1.5 1,250 1,250 1,244.0 6.0 2.5
(注) ライナの真円度、円筒度は5/100mm以内、表面粗度1.5S〜3.0Sとする。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
556,044

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士指導書
5.3級舶用機関整備士指導書
6.3S級舶用機関整備士指導書
7.1級舶用機関整備士問題集
8.2級舶用機関整備士問題集
9.2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から