日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

1級舶用機関整備士指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


2.4 出力不足および回転低下
(拡大画面:79KB)
 
1)燃料系統の不良
(1)燃料油の選択ミス
 機関の使用に合わない燃料を用いると、濾器詰まりを生じ、燃料が十分送油できなくなり出力低下する。取扱不良などで、水分含有量の多い燃料油を用いたり、粘度の高い燃料油を用いたりすると、出力低下する。
(2)燃料閉塞
 配管径が細過ぎたり、濾器などが詰まりを生じていると、十分な量の燃料が供給できなくなり、出力が低下する。
(3)フィードポンプ不良
 ピストン、バルブ、カム山などが摩耗すると吐出量が大巾に減少して、供給量が不足し出力が低下する。
a)フォードポンプの判定テスト要領
ア)油密テスト
 吐出口を閉塞し、吸入口から約0.2MPa(2.0kgf/cm2)の空気圧を加え、軽油の中へ入れて空気もれのないことを確認する。プッシュロッドと本体からもれる小さな気泡は50cc/min以下であれば良い。
イ)吸上げテスト 
 フィードポンプを噴射ポンプに取付け、内部の燃料を全部排出したあと、吸入口に内径8mm、長さ2mのパイプを取付け、燃料油面をフィードポンプから1m下げて次のテストを行なう。
・手動吸上げテスト
 プライミングポンプを約60回/minの速度で作動した時に、30ストローク以内に、吸上げ吐出すれば良い。
・吸上げ能力テスト
 1.500min-1の回転で40秒間以内に吸上げ吐出すれば良い。
・吐出圧力テスト
 吐出側を閉塞して、枝管を設けて、そこへ圧力計(0.5MPa(5.1kgf/cm2))を取付け、噴射ポンプを600min-1で回した時に、吐出圧力が0.18〜0.22MPa(1.8〜2.2kgf/cm2)以上になれば良い。
・吐出量テスト
 1,000min-1で回した時に、送油量が規定量以上あれば良い。
(4)噴射タイミング不良
 噴射タイミングは、各部の摩耗などにより徐々に狂いを生じている。特に燃料カム山及びタペットの摩耗は大巾な狂いを生じると同時に、リフト量が小さくなるので、大きく出力が低下する。
(5)ノズル不良
 噴射圧力は、使用時問の経過と共に徐々に低下してくる。その他色々なノズルのトラブルによって、シリンダ内での噴霧状態が悪化し、燃焼に悪影響を与えるので出力が低下する。
 従って、ノズルは定期的に点検し、噴射圧力を調整しなければならない。
 次図は色々な噴霧状態を示しており、極端な片寄りや噴霧割れなどがなく、噴射後の切れが良くなければならない。
 噴霧不良の時は、燃料油の中で分解洗滌しながら、組立て、再度噴霧テストにより確認する。噴霧状態が良化しない場合は、ノズルチップを交換しなければならない。
 
[6ホール噴射弁=直接噴射形燃焼室用]
(拡大画面:20KB)
 
 
[スロット噴射弁=渦流室用]
(拡大画面:25KB)
 
(6)噴射ポンプの故障
 噴射量の減少や無噴射となり、出力が低下する。
(7)コントロールラックのリンク不良
 コントロールラックとガバナを連結するリンクやピン、軸などに曲がりやこじれがあると、円滑に作動できなくなり、噴射量が減少したり、ユニットポンプの場合は各シリンダ間のバラツキが大きくなり、出力低下する。
 ユニットポンプの場合は、各シリンダ間の微量調整は定格時における各シリンダのヘッド出口排気温度を30℃以内のバラツキに修正する。
 またV形機関の左右バンクのコントロールラックを連結しているリンクや連結桿がこじれたり、曲げられると左右バンク間の噴射量に差を生じて、出力が低下する。左右バンクの連結桿を外して、こじれや曲がりを修正したあと、次の要領で取付ける。
 左右の噴射ポンプのコントロールラックは、フリーの状態では、いずれも無噴射位置になっており、リンクや連結桿を左側ポンプのコントロールラックに連結して、フリーの状態におく。右側のコントロールラックの連結ピン穴に、ピンが楽に挿入できるようにターンバックルで長さを調節して、ロックナットでターンバックルを固定したあと、ピンを挿入して左右のコントロールラックを連結する。連結ピンを無理に挿入すると、ピン穴のずれた分だけ、コントロールラック位置が動き、噴射量に差異を生じるので注意しなければならない。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(29,129成果物中)

成果物アクセス数
470,416

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年9月16日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士指導書
5.3級舶用機関整備士指導書
6.3S級舶用機関整備士指導書
7.1級舶用機関整備士問題集
8.2級舶用機関整備士問題集
9.2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から