日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

1級舶用機関整備士指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


4. 技術員の教育(養成)と管理
 機関の整備、修理を行うには、取扱機関ごとの商品知識とともに、最近の機関の高出力化にそなえ、機関の構成要素に対する基礎を理解するなど技術力に優れた舶用機関整備士が必要である。このため舶用機関整備士には、メーカをはじめ、関連機関で実施している講習等を積極的に受講させ、技術力の向上を図る必要がある。また、整備作業には経験工学的な知識が必要であるため、諸先輩が長年培ってきた経験にもとづくノウハウを取得させ、伝承していくことが大切である。これが、最も重要なOJT教育(現場教育)の一つでもあり、こうした環境を創り出すことが大切である。その第一歩は、整理整頓と明るい職場づくりから始まるといわれているが、それには、技術員の安全管理と健康管理が基盤となる。
 
2・10表 整備・修理工事計画表
整備・修理工事計画表
(拡大画面:55KB)
 
 
2・11表 整備・修理工事仕様書
(拡大画面:12KB)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
477,917

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.2級舶用機関整備士指導書
5.3級舶用機関整備士指導書
6.3S級舶用機関整備士指導書
7.1級舶用機関整備士問題集
8.2級舶用機関整備士問題集
9.2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から