日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > 諸芸.娯楽 > 成果物情報

マンガ・カリキュラム事業:早稲田大学国際部寄附講座報告書「マンガとアニメ:日本文化・社会の表現」

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


「マンガ・アニメ講座」を終えて
コーディネーター 森川友義
 
 15コマのシリーズとしてスタートした東京財団・寄付講座「マンガ・アニメ講座」は、様々な専門分野からゲストスピーカーを招き、日本のマンガ・アニメ事情について講義を行った。私自身は政治学者でマンガ・アニメは専門領域ではないが、声優の歴史的研究をここしばらく行っていることもあってこの大役を仰せつかった。
 
 受講者は、国際部交換留学生(希望者のみ)と英語の聴講試験に合格した早稲田大学の学部生で、最終的に51名が登録した。そもそも少人数教育を行う国際部では50人以上の学生が受講することは稀有であり、数字を見ただけでも学生の関心の高さが伺える。
 
 学生の内訳は、米国(17人)、日本(8)、韓国(4)、フランス(3)、エストニア(2)、イギリス(2)、フィリピン(2)、台湾(2)他、実に19ヵ国の学生が日本の文化であるマンガ・アニメを学んだ。彼らのマンガ・アニメに関するバックグランド・知識は多様であり、理解度も千差万別であったが、理解しようとする姿勢は積極的で感銘を受けた。
 
 講義形式はゲストスピーカーに講演を依頼する形を取った。具体的には、2002年10月2日、日下公人東京財団会長の講演に始まり、次いで「漫画・アニメの歴史と現状」について私が講義を行い、視聴率、興行成績等の数値を用いて日本でのマンガとアニメの現状を紹介した。
 
 10月中旬には東映アニメ大泉スタジオを訪問し、「アニメの作画工程」をアニメーターが実際に仕事をしている場所を見学することによって学んだ。その後のゲストスピーカーの講演を理解する上で特に重要であった。
 
 現場で活躍するゲストとして人気TVアニメ番組『ワンピース』の清水慎治プロデューサーに「アニメーションのプロデュースと作業」と題する講義を、翌週はセルシスの川上陽介社長による「デジタル製作過程デモンストレーション」について講演いただいた。アニメの約20%が既にデジタル化されその部分では海外で製作されるものも多いと聞き、アニメ産業のグローバリゼーションに興味が湧いたようである。
 
 11月13日には大学全体に開放した公開講座として、漫画家の松本零士氏に「マンガ原作とアニメーション」と題する講演をお願いした。150名以上の学生が聴講したが、『宇宙戦艦ヤマト』等海外で放映された多くのアニメの原作を手がけた同氏への人気は非常に高く、おそらくこの寄附講座のハイライトとして位置付けられるべきものであった。
 
 引続きアニメ監督の西尾大介氏に「監督の仕事」について、翌週には『ドラゴンボール』の孫悟空役等で知られる声優の野沢雅子氏に声優業全般について講義をいただいた。12月には、堀江信彦コミックバンチ編集長並びに米国向けアニメ出版社TokyoPopのステュアート・リービー社長より、マンガの米国展開の可能性について講義を受けた。最終ゲストは、片岡義朗・マーベラス・エンターテイメント社長に「広告代理店の業務」についてレクチャーをいただいた。
 
 この講座が外国人留学生及び教員である私に与えた影響は計り知れない。それは特に期末試験として課したマンガ創作プロジェクトに端的に表れていた。自分でストーリーを考え、それをマンガという形で具現化してゆく、無から有への自己表現の重要性である。何を表現するかは、すべて学生自身、とかく他人の知識を詰め込むことに能力がはかられる傾向の大学において、学生は創造する大切さを実感したであろうし、教員である私も、日本文化であるマンガ・アニメを通じて、学習意欲旺盛な学生のあるべき姿を垣間見ることが出来たことは何よりの収穫であった。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
283位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
40,794

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第1回“マンガで育つ人間力”
2.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第2回“うちの学校ではマンガが正課”
3.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第3回“マンガを使った魔法の(チャレンジ授業)”
4.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第4回“マンガの光と影・害悪、影響も考える”
5.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第5回“マンガ館の教育的活用・学資融合の要”
6.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第6回“NHK子供がつくるキャラクター・課外授業ようこそ先輩より”
7.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第7回“パソコンでマンガを描こう!日本の絵筆が世界標準!デジタルコミック展開!”
8.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第8回“マンガは世界に何をプレゼントできるか?”
9.虎ノ門DOJOブックス 「大丈夫か、日本の独立精神」
10.虎ノ門DOJOブックス 「日本の領土問題」
11.虎ノ門DOJOブックス 「知っていますか、日本の島」
12.虎ノ門DOJOブックス 「日本人のリーダー観」
13.虎ノ門DOJOブックス 「現場を動かすリーダー力」
14.東京財団政策研究シリーズ 『「政策連携」の時代』 上山信一著
15.モノグラフ・シリーズ No.7「『北東アジア開発銀行〔NEADB〕』の創設と日本の対外協力政策 ?21世紀型のモデルを目指して?」
16.モノグラフ・シリーズ No.8「社会資本の効率的形成のための政策評価手法の研究」
17.モノグラフ・シリーズ No.9「研究費の効率的運用に関する研究」
18.政策研究者海外ネットワーク(PRANJ)「ポリシー・アナリシス・レビューIII」
19.Five Proposals for the Establishment of a Northeast Asian Development Bank (NEADB) ?Towards the Japan-China-South Korea Summit (in November 2002) ?
20.東京財団・虎ノ門 DOJO「社会起業家シリーズ」講演録
21.ヤングリーダー奨学基金事業「The SYLFF Newsletter No.3」
22.ヤングリーダー奨学基金事業「The SYLFF Newsletter No.4」
23.ヤングリーダー奨学基金事業「The SYLFF Newsletter No.5」
24.ヤングリーダー奨学基金事業「SYLFF Working Papers Number 19」
25.ヤングリーダー奨学基金事業「SYLFF Working Papers Number 20」
26.奨学事業部事業紹介小冊子
27.東京財団レポート第1号
28.財団プロフィール
29.2001年度年次報告書(英文)
30.2001年度年次報告書(和文)
31.財団コマーシャル・フィルム
32.WORKING PAPER 11.地域社会のリインベンション
33.政策提言書「『北東アジア開発銀行(NEADB)』創設のための5つの提言?日中韓首脳会合(2002.11)に向けて?」
34.全国フェスティバル報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から