日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > 諸芸.娯楽 > 成果物情報

マンガ・カリキュラム事業:早稲田大学国際部寄附講座報告書「マンガとアニメ:日本文化・社会の表現」

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


■マンガ用ソフトウェア「コミックスタジオ」
 川上―今説明したのが、アニメーションを作るために現場で実際に使われているソフトウェアです。次に、マンガのソフトウェアをご説明します。マンガは今でもたいへんアナログな作られ方をしていますが、その工程をすべてデジタル化した、世界最初のソフトウェアです。
 
 竹内―今までマンガは、紙の上に鉛筆やペンで描かれてきましたが、「コミックスタジオ」によってすべてパソコンの中で描けるようになりました。
 まず、マンガ1ぺージの原稿用紙に相当する画面に、ネームと呼ばれる設計図のようなものを描いてプロットを決めます。次に、ネームに沿ってコマ割りをして、さらに細かい下描きをします。その上にペンを入れ、下描きを消し、スクリーントーンを貼り付けます。最後にテキストツールを用いてセリフを入力します。これで1ぺージが完成します。
 コミックスタジオの特徴は、滑らかなペンタッチです。タブレットを使って、誰でもきれいな線が描けます。手の震えがあっても、自動的に補正する機能があります。線の最初と終わりを細くする機能があるので、誰でもマンガ家と同じような線を引けます。1度引いた線は後から、曲げたり、太らせたり、タッチを変えることもできます。タブレットを使って紙に描くのと同じ感覚でペン入れの作業ができます。
 スクリーントーンは、紙原稿の場合は、必要な形にカッターで切り取って貼り付けました。コミックスタジオでは、貼りたい範囲を指定して、ドラッグアンドドロップで貼り付けることができます。はみ出た部分は消しゴムで消せますし、間違って消しすぎてもマジックで貼り直すことができます。これはマンガ家さんに好評な機能です。1回貼ったスクリーントーンは、後から設定を変えることができますから、作家の好みに合うまでシミュレーションを繰り返すことができます。
 セリフは絵とは別のレイヤーになっているので、後からセリフを変更することが可能です。日本語のセリフを英語にするようなことも簡単にできます。
 ほかにもコミックスタジオには、マンガを描くのに便利な機能があります。集中線は、今までは定規を当てて1本1本描いていました。コミックスタジオでは、放射線モードを選ぶだけで、簡単に集中線を引くことができます。この機能もマンガ家さんに喜ばれています。
 コミックスタジオには、背景を描く機能があります。3Dのデータを読み込んで、自動的に背景にすることができます。例えば、住宅街のデータに、希望の設定をしてそのまま背景として使えます。光源の位置を変えることで、影の付けかたを変えることもできます。ペンの太さを調節して、背景にできます。
 読み込んだデータは、トーンと線が別々のレイヤーに分かれていますから、後からトーンを変えたり、線を描き足すこともできます。建物だけではなく、人体や自動車のデータもあり、自動車はドアを開け閉めすることができます。自動車のデータはサンプルとして2種類入っていますが、別売で専用の素材集もあります。
 完成したデータは、Photoshop等の他のソフトウェアに持っていって使うこともできます。
 
 川上―アニメーションとマンガのデジタルによる制作を見ていただきました。デジタル化することで大きく分けて、2つのメリットがあります。1つは、制作のスピードが上げられることです。もう1つは、表現の幅を広げられることです。3Dを使うのはその典型だと思います。アニメーションにしてもマンガにしても、デジタルになっていると、ワンソース・マルチユースできるという副次的なメリットもあります。
 皆さんの国で見られる、日本のマンガやアニメーションがこうしたツールで作られていることを思い出してください。また、これらのソフトウェアは日本だけではなく、日本と一緒にアニメーションを作っている韓国や中国でもよく使われています。マンガのソフトウェアにしても、これから海外へ出ていきたいと思います。
 
■質疑応答
 学生―素晴らしいソフトウェアですが、様々な作業をコンピュータ化する上で最も難しかったのは何でしょうか。コンピュータ化できず、まだ手でやっている作業はありますか。
 
 川上―コンピュータ化が難しかったのは、1つはマンガのほうで説明した、震えている線もきれいになる技術です。実は、この技術が開発できたので、繊細なペンタッチの絵がコンピュータで描けるようになったのです。マンガの場合、600〜1200dpiの解像度になります。dpi(dots per inch)は、1インチ(約2.54センチ)四方に何個の点があるかを示す単位です。1インチ四方に1200個もの点を描くのは大変難しいのですが、タブレットから入力された線のデータをリアルタイムで数式に変換する技術を開発したことで、ペンタッチの再現ができるようになりました。
 たいていのことはソフトウェアでできますが、アニメーションの背景はまだ手作業で描いているところが多いです。Photoshopなどのペイントソフトを使っているところもありますが、その場合は水彩で描いたほうが仕上げが速いのです。また、日本のアニメーションの背景は、水をたくさん使ったような特殊な絵が多く使われていますが、そういう感じをうまく表現できるソフトウェアはまだありません。
 
 学生―マンガに書きこまれる効果音は別のレイヤーになっているのですか。
 
 川上―別のレイヤーです。
 
 学生―コミックスタジオはいくらで売られていますか。
 
 川上―ご紹介したコミックスタジオは3Dの機能が入った最もよいバージョンで、7万4800円です。一番シンプルなバージョンは1万1500円で売っていて、パソコンソフト売り場のグラフィックのコーナーには必ず置いてあります。
 
 学生―ソフトウェアで描くと、画一的な表現になってしまう可能性はありませんか。それによってマンガ家の個性が失われませんか。
 
 川上―我々がソフトウェアでシミュレートできている線のほかにも、マンガではいろいろなペンや鉛筆を使いますが、すべての画材について再現できているわけではありませんから画一的になる可能性はあります。もっと表現の幅を広げられるように機能を強化していこうと思います。個性についてはどうでしょうね。
 
 竹内―ソフトウェアは道具の1つであって、パソコンを使っていても人によって描き方は違うので、個性がなくなることはないと思います。使う人がソフトウェアに飲まれてしまうと、個性はなくなってしまうでしょうが。
 
 学生―コミックスタジオを使って描かれたマンガが出版されていますか。
 
 川上―コミックスタジオは昨年7月に発売されたものですから、実際にこれを使って描いたものが出版されたのは、まだ数冊しかありません。ただし、日本では、プロのマンガ家は氷山の一角で、その下には膨大な数のコミケ、同人と呼ばれるアマチュアの人達がいますが、そこではコミックスタジオを使ったマンガがたくさん作られています。
 
 学生―東映アニメーションでは独自のソフトウェアを使っていると言っていましたが、各アニメーション会社が独自に使っているもののほかに、さらにこれらのソフトウェアを売り込んでいるのですか。
 
 川上―スタイロスは東映アニメーションでも使われていますが、さらに使い易くするため、東映アニメーションのリクエストに沿って細かい調整をしながら開発を進めています。しかし、できたソフトウェアは、東映アニメーションだけにしか売らないわけではありません。
 
 学生―アニメーションでは色を入れた後で、色を変えるなどの調整をできるのでしょうか。
 
 古賀―できます。例えば、キャラクターの色が決まる前に動画ができている場合、仮の色を入れておいて、後で色が決まってから入れ直すことが、実際の作業で行われています。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
258位
(30,518成果物中)

成果物アクセス数
40,055

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年2月16日

関連する他の成果物

1.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第1回“マンガで育つ人間力”
2.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第2回“うちの学校ではマンガが正課”
3.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第3回“マンガを使った魔法の(チャレンジ授業)”
4.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第4回“マンガの光と影・害悪、影響も考える”
5.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第5回“マンガ館の教育的活用・学資融合の要”
6.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第6回“NHK子供がつくるキャラクター・課外授業ようこそ先輩より”
7.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第7回“パソコンでマンガを描こう!日本の絵筆が世界標準!デジタルコミック展開!”
8.マンガフォーラム「知識教育とイメージ教育の両立」 第8回“マンガは世界に何をプレゼントできるか?”
9.虎ノ門DOJOブックス 「大丈夫か、日本の独立精神」
10.虎ノ門DOJOブックス 「日本の領土問題」
11.虎ノ門DOJOブックス 「知っていますか、日本の島」
12.虎ノ門DOJOブックス 「日本人のリーダー観」
13.虎ノ門DOJOブックス 「現場を動かすリーダー力」
14.東京財団政策研究シリーズ 『「政策連携」の時代』 上山信一著
15.モノグラフ・シリーズ No.7「『北東アジア開発銀行〔NEADB〕』の創設と日本の対外協力政策 ?21世紀型のモデルを目指して?」
16.モノグラフ・シリーズ No.8「社会資本の効率的形成のための政策評価手法の研究」
17.モノグラフ・シリーズ No.9「研究費の効率的運用に関する研究」
18.政策研究者海外ネットワーク(PRANJ)「ポリシー・アナリシス・レビューIII」
19.Five Proposals for the Establishment of a Northeast Asian Development Bank (NEADB) ?Towards the Japan-China-South Korea Summit (in November 2002) ?
20.東京財団・虎ノ門 DOJO「社会起業家シリーズ」講演録
21.ヤングリーダー奨学基金事業「The SYLFF Newsletter No.3」
22.ヤングリーダー奨学基金事業「The SYLFF Newsletter No.4」
23.ヤングリーダー奨学基金事業「The SYLFF Newsletter No.5」
24.ヤングリーダー奨学基金事業「SYLFF Working Papers Number 19」
25.ヤングリーダー奨学基金事業「SYLFF Working Papers Number 20」
26.奨学事業部事業紹介小冊子
27.東京財団レポート第1号
28.財団プロフィール
29.2001年度年次報告書(英文)
30.2001年度年次報告書(和文)
31.財団コマーシャル・フィルム
32.WORKING PAPER 11.地域社会のリインベンション
33.政策提言書「『北東アジア開発銀行(NEADB)』創設のための5つの提言?日中韓首脳会合(2002.11)に向けて?」
34.全国フェスティバル報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から