日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

平成14年度「GMDSS救命設備積付け技術講習会」実施要領

 事業名 基盤整備
 団体名 日本船舶品質管理協会  


平成14年度GMDSS救命設備積付け技術講習会実施要領
1. 日時:平成14年10月8日(火)09:00〜17:00
2. 場所:B&G東京海洋センター
〒135−8446 東京都江東区深川1丁目6番3号 TEL:03−3630−2711
3. 対象者
 次の各号に該当する者
(1)(社)全国船舶無線工事協会(以下「全工協」という。)会員事業場に所属するものであって、事業場の責任者から推薦を受けた者
(2)GMDSS救命設備の整備に関して、全工協の定めた資格を有する者
(3)平成14年4月1日現在で、満20歳以上の者
 
4. 申込期限
平成14年8月2日(金)
 
5.講習内容
(1)船舶安全法及び同関係法令
(2)GMDSS救命設備取り扱い上の留意事項
(3)GMDSS救命設備の積付け要領
(4)その他
 
6. 技量認定試験
 講習終了後、関係法令及びGMDSS救命設備積付け要領について、学科試験及び実技試験を行います。
 
7. 受講手続き
(1)提出書類
(1)講習会参加申込書 1通
(2)銀行振込みの写し 1通
(3)写真(たて30mm、横25mm提出前6ヶ月以内に撮影した正面上半身像) 2葉
(4)宿泊希望調査 1通
(2)受講料等
(1)受講料 18,000円
(2)テキスト代 10,000円
(3)資格者証交付手数料 3,000円
(4)宿泊費等 各自で宿泊先へ直接支払ってください。
(3)受講料等振込み先
UFJ銀行 東京公務部(店番号:300) 普通口座630
 
8. 宿泊案内
(1)ホテルは、B&G東京海洋センター(講習会場)に一括して申し込みます。
 (各人で、直接申し込まないでください。)
 「宿泊依頼」に記入、押印のうえ、参加申込書と一緒に提出してください。
 (通勤する者又は他所に宿泊される者は、「宿泊依頼」にその旨を記入のうえ提出してください。)
(2)宿泊は、他の事業場の方と同室になる場合もあります。ご了承ください。
 なお、B&G東京海洋センターで収容できない場合は近隣のホテルを紹介します。
(3)宿泊料金:約7,000〜7,500円/1名(B&G東京海洋センターの場合)
 
9. その他
(1)提出書類は全工協本部事務局経由で提出してください。
(2)講習会には、テキスト及び筆記用具を持参してください。
(3)テキストは、9月中旬までに御送りします。それまでに、船舶安全法、船舶救命設備規則等関係法令を勉強しておいてください。
(4)宿泊は、ホテルB&G(講習会場に同じ)に確保しています。(希望者多数の場合は、遠隔地の方を優先いたします。)
(5)講習会参加に伴う宿泊料、食事代及び交通費等は、各自負担とします。なお、宿泊以外の手配は各自で行ってください。
(6)講習中は、携帯電話の電源は切っていただきます。
会社等からの急用は、B&G(03−3630−2711)へ電話していただければ、休憩時間に取次ぎいたします。
 
以上







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
5,787位
(34,720成果物中)

成果物アクセス数
700

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年7月2日

関連する他の成果物

1.認定事業場の業種別部会開催案内
2.「船舶用消火設備等容器の保守・点検及び試験に係わる検討会」開催案内
3.平成14年度「GMDSS救命設備積付け技術研修会」実施要領
4.平成14年度「磁気コンパス整備技術講習会及び研修会」開催案内
5.「膨脹式救命胴衣自己点検及び整備要領検討会」開催案内
6.「危険物の国際基準策定に関する調査研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から