日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 学会.団体.研究調査機関 > 成果物情報

財団概要(日) 財団法人笹川記念保健協力財団

 事業名 ハンセン病対策啓発活動
 団体名 笹川保健財団  
WHO笹川健康賞
笹川健康賞は、世界の入々の健康増進のためのプログラムやプライマリ・ヘルスケアにおいて顕著な貢献のあった個人、または非政府団体等を対象として顕彰するものであり、今後の活動の発展を奨励することを目的としている。 (WHO笹川健康賞規定第4案より引用)
 
 
 WHO笹川健康賞は、1984年、当時の事務総長ハーフダン・マーラー博士と日本財団会長笹川良一氏の問で「世界の人々に健康を」というWHOの掲げる目標を達成するために創設されました。世界には、今なお、健康によってもたらされる豊かな生活を享受することなく、困難な暮らしを余儀なくされている人々が数多くいます。過去の受賞者たちは、ユニークで革新的な方法によって住民の意欲を高めていくと共に、プライマリ・ヘルスケアの活動を通じて、人々の健康増進に貢献しています。受賞者は、WHOの執行理事を中心に笹川健康賞選考委員会において選考され、執行理事会での議決を経て決定されます。笹川健康賞授与式は、毎年5月WHO本部(スイス)にて開催される世界保健総会の席で行われ、受賞者には、賞金と記念のトロフィーが手渡されます(賞金総額10万ドル/年を限度とする)。1985年から2002年までに13団体と28名の個人が受賞しています。
 
コロンビア:ダビド・エスコバル博士の活動(第1回WHO笹川健康賞受賞者)
保健衛生教育、保健思想の普及とプライマリ・ヘルスケアの発展に寄与した。特に、農村地域の児童の口腔衛生や眼科ケアの向上に導いた。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,428位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
3,560

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.尊厳の確立
2.Tokyo Meeting on achieving "Leprosy Elimination in India" June 3, 2002 Tokyo Japan Part1
3.Tokyo Meeting on achieving "Leprosy Elimination in India" June 3, 2002 Tokyo Japan Part2
4.こころの声
5.財団概要(英) Sasakawa Memorial Health Foundation
6.日中笹川医学研究者制度第25期研究者/第11期特別研究者一覧
  [ 同じカテゴリの成果物 ]



この成果物について語り合う


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から