日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「宗谷保存整備検討専門委員会」議事録

 事業名 海事科学知識の普及啓蒙活動
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5
1. “宗谷”取得から一般公開までの経緯
昭和53年(1978)5月〜
(1) 海上保安庁は、“宗谷”を財団法人 日本海事科学振興財団(以下、財団)に払い下げることを内定し、具体的な問題について、いろいろと財団と打ち合わせを行った。
 
昭和53年(1978)9月11日
(1) 海上保安庁は、“宗谷”を当財団に払いさげることを決定し、記者発表を行った。
(2) 東京都港湾局は海上保安庁に対し、“宗谷”の海上定係を条件に船の科学館前面水域使用の許可を内定し、通知した。
(3) 財団は第50回常任理事会を開催し、“宗谷”の取得を決定、利用計画等について一切の権限を会長に一任することを議決した。
 
昭和53年(1978)9月14日
(1) 財団は、海上保安庁長官に対し、普通財産売払申請書を提出した。
 
昭和53年(1978)9月28日
(1) 財団は、“宗谷”の入出渠及び塗装修繕工事の仕様説明を行った。
 
昭和53年(1978)9月29日
(1) 財団は、“宗谷”の入出渠及び塗装修繕工事の入札により、契約者を日本鋼管(株)浅野船渠に決定した。(10月3日契約)
 
昭和53年(1978)9月30日
(1) 財団は、第25回理事会を開催し、“宗谷”の取得利用を議決を得た。
(2) また展示利用に関しては「“宗谷”委員会」を設けることとなり、同日委員の委嘱を行った。
 
昭和53年(1978)10月2日
(1) “宗谷”の解役式が東京港竹芝ふ頭にて行われ、式後に日本鋼管(株)浅野船渠に回航された。
(2) 財団は、関東海運局東京支局宛に、“宗谷”廃船措置願いを提出すると共に、目的外使用をしない旨の確約書を提出した。
(3) 第1回「“宗谷”委員会」を開催し、さらに「“宗谷”専門委員会」を設けることとした。
 
昭和53年(1978)10月3日
(1) 財団は、海上保安庁と売買契約を締結し、代金を国庫に納入した。
 
昭和53年(1978)10月9日
(1) 第2回「“宗谷”委員会」、第1回「“宗谷”専門委員会」を合同で開催した。
 
昭和53年(1978)11月8日
(1) 第3回「“宗谷”委員会」、第2回「“宗谷”専門委員会」を開催した。
 
昭和53年(1978)12月15日
(1) “宗谷”専門委員に船舶技術研究所 安藤定雄氏を追加委嘱した。
 
昭和54年(1979)1月25日
(1) 第4回「“宗谷”委員会」、第3回「“宗谷”専門委員会」を開催した。
 
昭和54年(1979)1月29日
(1) 東京都に対し、水域占有許可を申請した。
 
昭和54年(1979)2月8日
(1) “宗谷”船内の改造工事に伴い、建築設計技師として長倉吉普氏を委嘱した。
 
昭和54年(1979)2月14日
(1) “宗谷”の水域占有が許可された。
(2) “宗谷”係留桟橋工事の仕様説明を行い、2月15日入札を行った。
 
昭和54年(1979)2月15日
(1) 財団は、東京都知事宛、浮桟橋移設依頼を発信した。
(2) 財団は、東京都港湾局長宛、仮桟橋設置依頼を発信した。
(昭和54年3月5日許可、53東港海第499号)
 
昭和54年(1979)2月16日
(1) “宗谷”係留場所の浚渫土砂の投棄について、東京都港湾局長宛に申請した。
(昭和54年2月19日許可)
 
昭和54年(1979)2月17日
(1) “宗谷”保存対策工事を日本鋼管(株)と随契し実施した。
 
昭和54年(1979)3月1日
(1) 東京都知事宛に、水域占有許可申請(継続)を提出した。
 
昭和54年(1979)3月10日
(1) “宗谷”桟橋工事起工式を行った。
(2) “宗谷”係船工事仕様説明を行った。
 
昭和54年(1979)3月20日
(1) 国際児童年協賛「宇宙博覧会」開催の記者会見において、“宗谷”資料を配布した。
 
昭和54年(1979)3月21日
(1) “宗谷”への上水道設備の設置に伴い、上水道供給申込書及び既設水道管所有者への工事承認依頼を提出した。
 
昭和54年(1979)3月30日
(1) “宗谷”への配電管給水管布設に伴い、海上公園占用許可申請を提出した。
 
昭和54年(1979)4月2日
(1) “宗谷”係留桟橋設置工事に伴い、緑道公園切廻し工事を申請した。
 
昭和54年(1979)5月1日
(1) 建築センターに評定を申請した。
(2) 暫定的に、“宗谷”のヘリコプター甲板の一般公開を開始した。
 
昭和54年(1979)7月26日
(1) 建築センターより評定を受ける。
 
昭和54年(1979)8月31日
(1) 建設大臣宛「建築基準法第38条の規定に基づく認定申請書」を提出した。
 
昭和54年(1979)11月24日
(1) 江東区長宛「都市計画第43条の規定に基づく許可申」を提出した。
 
昭和55年(1980)1月9日
(1) 江東区長より「都市計画法第43条の規定に基づく許可書」がおりた。
 
昭和55年(1980)1月30日
(1) 東京都知事宛に、昭和55年度の水域の占有許可申請(継続)を提出した。
 
昭和55年(1980)2月15日
(1) 五洋建設(株)と契約を締結し、“宗谷”船内の見学の為「“宗谷”船内改造工事」に着手した。
 
昭和55年(1980)3月7日
(1) 三和アドバタイジング(株)三和通信社と契約を締結し、“宗谷”船内の見学の為の「“宗谷”船内改装工事」に着手した。
 
昭和55年(1980)3月10日
(1) 「“宗谷”船内改造工事」が完了した。
 
昭和55年(1980)4月1日
(1) 東京都知事より、昭和55年度の水域の占有許可書(継続)がおりた。
 
昭和55年(1980)4月30日
(1) 「“宗谷”船内改装工事」が完了した。
 
昭和55年(1980)5月12日
(1) 建設省より、「建築基準法第38条の規定に基づく認定」がおりた。
 
昭和55年(1980)6月26日
(1) 東京消防庁消防長消防総監宛「防火対象物使用(変更)届出書」を提出し、承認を受けた。
 
昭和55年(1980)6月26日
(1) 臨港消防署長宛「消防用設備等設置届出書」を提出し、承認を受けた。
 
昭和55年(1980)6月27日
(1) 江東区長宛、建築確認の申請を行った。
 
昭和55年(1980)7月15日
(1) 江東区長より、建築確認の通知を受けた。
 
昭和55年(1980)7月20日
(1) “宗谷”船内の一般公開を開始した。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,388位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
7,563

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.講演会の開催 「平成14年度海事講演会海船セミナー2002」講演録
2.海洋教室体験学習ハンドブック
3.東京湾シップウォッチングパスポート
4.船の科学館 資料ガイド3 南極観測船 宗谷
5.船の科学館 もの知りシート
6.船の科学館 リーフレット
7.海事科学知識の普及啓蒙活動 写真
8.音声ガイドの使い方
9.船の科学館 音声ガイド 原稿
10.船の科学館 音声ガイド 原稿
11.船の科学館 音声ガイド 写真
12.音声ガイドシステム利用に係るアンケート調査報告書
13.マリンシアターの機器整備報告書
14.Q&Aシアターの機器整備報告書
15.シー&シップワールド及び青函ワールドの機器等の整備報告書・整備記念写真
16.操船シミュレーションの機器整備報告書
17.船長ロボットの機器整備点検報告書
18.“宗谷”南極コーナー展示室エアコンの交換整備報告書
19.情報誌「さぁ、言おう」 2002年8月号
  [ 同じカテゴリの成果物 ]



この成果物について語り合う


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から