日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

B&G体験クルーズ しおり

 事業名 海洋体験学習の実施
 団体名 ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 注目度注目度5


3. プログラムについて
 5日間のクルーズでは、楽しく、また、ためになる様々な活動プログラムが組まれています。
 
【海に関するプログラム】
 海がどういうものかであるかは、たぶんみなさんが知っていると思います。では、「海ってなに?」と質問をされたとき、みなさんはどのように答えますか。「海」は海水浴(かいすいよく)で遊ぶためだけのところではありません。実は、漁師さんが人々の食べる魚を捕り(とり)、世界各地の資源(しげん)や産物(さんぶつ)が行き交う(かう)場として、わたしたちの生活に大きくかかわっています。
 太平洋に浮かぶ島々を観察したり、「海洋の生物と環境に関するお話し」などを聞いて、海のすばらしさや、人々が海から受ける恵みなどについて考え、学んでもらいたいと思います。
 
【船に関するプログラム】
 人は、ときに自然の猛威(もうい)として命まで脅かす(おびやかす)存在にもなる海とつきあうため、大昔に知恵を出しあって「船」をつくりました。それからずっと、船は、人と海とのかけはしとして時代とともに発達し、目的に応じて進化をしてきました。
 一年の半分以上を洋上で暮らすふじ丸船長の貴重な「お話し」をはじめ、操舵室(そうだしつ)・機関室(きかんしつ)の見学など、船への理解を深めてもらいます。
【小笠原諸島に関するプログラム】
 小笠原諸島(おがさわらしょとう)は太平洋に浮かぶ島々で、東京から南に約1,000km離れたところにあります。かつて一度も大陸と続いたことがなく、珍しい(めずらしい)植物が育ち、マッコウクジラやザトウクジラ、たくさんのイルカに会える島としても有名です。
 寄港地(きこうち)の父島(ちちじま)では、ホエールウォッチングやフィールドトレッキング、海浜活動などをとおして、豊かな自然と触れ(ふれ)あいます。
【ワークショップについて】
 今回のクルーズでは、海や船、自然や環境問題などについて、みなさんで話し合いをしながら、楽しく勉強もしていきたいと考えています。ワークショップ活動は、班のみなさんに興味のあるテーマを選んでもらって、その内容をグループごとに調べ、発表をしてもらいます。
 グループ活動では、そのときにちょっとでも疑問(ぎもん)に感じたことや、ふだんの生活で自分が体験したり、考えていることをみんなの前で発表しましょう。ひとりひとりの意見の積み(つみ)かさねが、「体験クルーズ」に参加するみなさんの考えを変えていきます。
 そして、「体験クルーズ」や「海」のことを、いつかまた会う日に話題にできるような、そんな発表にしたいと考えています。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,712位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
1,335

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.B&G体験クルーズ テキスト
2.B&G体験クルーズ チラシ
3.B&G体験クルーズ ポスター
4.平成14年度ポートステートコントロール検査官の資質向上事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から




平成14年度海洋体験学習  B&G体験クルーズ