日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2003年5月号 『国際問題』
北朝鮮問題の新段階と日本外交
小此木政夫
◆はじめに
 冷戦終結によって、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)をめぐる問題は局地化される傾向にあった。核兵器開発が最初に問題化した一九九三―九四年当時、核兵器そのもののもつ普遍性のために、冷戦とは異なる文脈の下で再び国際化されたが、それも米朝間の「合意された枠組み」によって「凍結」された。この合意に従って、もし「二〇〇三年を目標とする」軽水炉建設が順調に進展し、それに伴って、北朝鮮が国際原子力機関(IAEA)との保障措置協定を「全面的に履行」し、黒鉛原子炉と関連施設が「解体」されていれば、今ごろは、米朝間の政治、経済関係も「完全に正常化」されているずである。双方は連絡事務所の設置と大使級関係への昇格まで約束していたのである。(※1)
 しかし、二〇〇三年現在、北朝鮮問題は再び国際化されている。それどころか、一昨年九月の米国中枢に対する同時多発テロ事件以後、ブッシュ米政権によって、北朝鮮はイラク、イランとともに「ならず者国家」の代表格とみなされ、やがて「悪の枢軸」の一員として名指しされた。さらに、昨年一〇月までにウラン濃縮型の核兵器開発が発覚してから、金正日の北朝鮮はサダムのイラクと同等、ないしそれ以上に危険な存在になった。したがって、原理的には、イラク戦争に勝利した後、ブッシュ政権が北朝鮮の武装解除に着手しても不思議ではない。北朝鮮問題は完全にグローバル化され、イラク問題の「極東版」になったのである。

(※1) “Agreed Framework between the United States of America and the Democratic people's Republic of Korea,”Geneva, Octorber 21, 1994 [http://www.kedo.org].
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
461,633

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から