日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2000年6月23日 『週刊金曜日』
南北首脳会談
「南」との和解だけではミサイル放棄はありえない
吉田康彦
 
 平壌の南北首脳会談成功は快挙だった。欧米のメディアもこぞってヘッドラインで報道した。
 韓国のテレビ取材クルーが同時中継した映像は、金正日総書記の素顔と肉声をソウル、東京、ワシントンに伝え、彼自身の言葉によると、「隠遁生活から」外交のひのき舞台に引き上げた。
 視聴者が一様に感じたものは「快活で、饒舌で、ユーモラスで、気配りの行き届いた指導者」という印象だった。この副産物は大きい。五月末の電撃的な中国訪問に続いて、金大中大統領一行を迎えた平壌の三日間は、金正日総書記を「普通の人間」にした。しかし、彼が「神秘のヴェールを脱いだ」という見方は正しくない。彼は「謎の人物」ではなく、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の民衆に愛され、親しまれている。北朝鮮国内では定着している実像が今回、外部世界に知られたに過ぎない。
 南北首脳会談は北朝鮮の崩壊神話を払拭し、南北共存から平和統一の展望を切り開いた。
 その結果、金大中大統領の言葉を借りれば、「平壌もソウルも同じ国であり、同じ血の通っている民族の地」であることが確認された。分断後五五年を経て、初めて朝鮮民族自らの意思で、主体的に平和統一を模索する道を開いたことは意味がある。
 金=金の信頼関係が成立、ホットラインも通じることになった。お互いに威嚇と侵略の自粛を誓い合った。離散家族再会の合意も生まれた。ソウル市民も在日韓国・朝鮮人も狂喜し、感涙にむせんだ。
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(28,694成果物中)

成果物アクセス数
462,081

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年4月22日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から