日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


産経新聞朝刊 2002年5月5日
主張 不審船調査 雑音に惑わされず粛々と
 
 鹿児島県奄美大島沖で沈没した北朝鮮工作船とみられる不審船の引き揚げに向けた潜水調査が始まった。サルベージ会社のダイバーや潜水艇が水深九十メートルまでもぐり、海底に沈没している不審船の遺留品などを調べ、乗員の遺体などを収容している。たいへん困難な作業であることは間違いなく、調査に当たる海上保安庁の職員やダイバーの人々の苦労をまずもってねぎらいたい。
 不審船は昨年十二月の事件当時、自動小銃やロケット砲を装備、追尾して停止させようとする日本の巡視船に銃撃を浴びせている。また、逃げ切れないと判断すると、自爆して沈没したものとみられる。
 そうしたことから、単なる不審船ではなく、特定の意図をもって日本に近づいた工作船であることは間違いない。日本国民の生命や財産を守る立場からすれば、この船を引き揚げ、調査し工作船の全容を明らかにすることは当然であり、当初から調査・引き揚げの方針を貫いた海上保安庁の姿勢には敬意を示すべきだ。
 ただ気になるのは、政府内に根強く引き揚げ調査への慎重論があったとされることだ。沈没現場が中国の排他的経済水域(EEZ)内にあることから、中国を刺激したくないとの意向や、北朝鮮の工作船と確認されることで日朝交渉の支障が大きくなることへの懸念があったものとみられる。
 事実、中国は潜水調査スタートから四隻の海洋調査船が監視に当たっている。また、韓国の崔成泓外交通商相は訪韓した岡田克也民主党政調会長との会談で「引き揚げることで北朝鮮の船だと分かれば、日朝間にまた障害が増えることになり、大変懸念している」と述べたという。
 だが、こうした発言は本末転倒も甚だしい。障害を増やしているのは不審船を送り込み他国の主権を侵害しようとしている国であり、障害を除去するためにも徹底した調査を行うべきだ。相手を刺激しないことだけが真の外交でないことも言うまでもない。
 潜水調査はこうした雑音に惑わされることなく、粛々と進め、安全裏に引き揚げにまでこぎつけなければならない。また、政府は近隣諸国に日本の立場を堂々と説明し、調査に支障のない環境を整備する必要がある。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(28,694成果物中)

成果物アクセス数
462,081

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年4月22日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から