日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


産経新聞朝刊 2000年11月10日
社説検証 拉致問題と日朝関係 解説 首相発言で日経「転換」
 
 七月下旬にバンコクで開かれた初の日朝外相会談に続いて、八月下旬に東京と千葉県木更津市で第十回日朝国交正常化交渉、十月末には北京で十一回目の交渉が行われたが、いずれも大きな進展はなかった。この間、日朝国交正常化を急ぐべきか、拉致疑惑の解決を優先させるべきか、各紙はさまざまな社説を掲載した。
 朝日は、拉致問題などは揺るがせにはできない、としながらも、固有の問題にとらわれると大局を誤る、というスタンスに立った。「バスに乗り遅れるな」論を戒める主張に対して、「ともにバスを動かそう」として、日朝交渉の進展を促した。
 これに対し、毎日は「拉致疑惑解決は外せない」、読売は「原則を踏まえた交渉が大切だ」などとして、いずれも拉致疑惑の解決なくして交渉の進展はあり得ない、とする立場に立った。「バスに乗り遅れてもいい」とする論といえる。日経も「離散家族再会の熱意を拉致疑惑にも」などと、拉致疑惑の解明を訴えた。産経は、「拉致犯の無条件送還は困る」「テロ犯引き渡しに抗議する」と主張し、「バスに乗るのは最後になってもいい」とした。
 第十一回交渉を控えた十月下旬、森喜朗首相が日英首脳会談で拉致疑惑について「かつて、第三国で発見されるという方法もあると北朝鮮にもちかけた」と話したことが明るみに出た。
 朝日は、首相発言によって「日朝間で柔軟に妥協点を探る可能性が遠のいた」とした。毎日は「開いた口がふさがらない」、読売も「不見識を深く憂える」と首相の姿勢をただした。産経は、森首相に説明責任を求める一方、真に追及すべき相手は北朝鮮であることを強調した。
 この段階で注目すべきは日経である。十月二十六日付で首相発言が党首討論の焦点となったことを取り上げ、「政争絡めれば遠のく拉致疑惑の解決」と主張した。首相発言の何が問題なのか、論点を整理したうえで、「主権侵害をあいまいにしたとの批判の妥当性」について、「日本人拉致で問題にすべきは、主権侵害以前に日本の刑法違反である」とした。
 さらに拉致問題の解決には、主権侵害を声高に叫ぶよりも、先進国共通の課題であるテロ、人道問題として扱い、日米韓の連携を深める方が効果的−と主張。「拉致問題と絡める手法は、問題解決を遅らせる」とも強調した。
 五日前の二十一日付では、日本はあくまでも日本の立場を貫くべきだとし、「拉致疑惑の解明なしに、国交を正常化させるべきではない」と明快だったのだが、主張の転換がうかがえる。二十六日付の一面コラム「春秋」では、「『拉致疑惑でどの程度の証拠を持っているのかで、外交交渉の仕方が変わってくる』とただした共産党・不破哲三委員長の追及は説得力があった」としており、これも社説と軌を一にしているものとみられる。
 一方、米紙ニューヨーク・タイムズはクリントン大統領訪朝の前提条件として、日本人拉致疑惑の解決を取り上げた。韓国紙・朝鮮日報は南北和平ムード礼賛が韓国メディアの大勢となっているなか、韓国人の拉致事件を忘れるべきではないと主張した。
 拉致疑惑をめぐる内外メディアの主張と、その変化を今後も注目していきたい。(石川水穂)
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
461,633

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から