日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


読売新聞朝刊 2002年3月12日
よみうり寸評 もどかしさ募る拉致事件
 
 一九八三年(昭和五十八年)といえば、NHKが、朝の連続テレビ小説「おしん」の放映を始めた年だ◆その年に、英国留学中だった有本恵子さんは北朝鮮に連れ去られたらしい。それからもう十九年にもなる。当時、彼女は二十三歳の神戸外語大生だった。おしんは辛抱と忍耐を重ねて成功したが、有本さんはどうしているか◆辛抱と忍耐に不安が重なっていることと思う。日航機「よど号」を乗っ取ったメンバーの元妻が警視庁公安部に「拉致(らち)に関与した」と供述してわかった。一連の拉致事件では初めての特捜本部が捜査に乗り出した◆というが、先は見えない。「やっと一歩進んだが、何も変わらないかも」と神戸市に住む両親。この辛抱、忍耐、不安、もどかしい、もどかしい思いは察するに余りある◆何しろ北朝鮮側は「行方不明者」の調査をすると表明したものの、「見つからなかった」と言い、昨年十二月には朝鮮赤十字会がその調査さえ中止を発表している状態だ◆「踏んでも踏んでも踏めないもの」は影。朝鮮半島のなぞなぞのようにもどかしい。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
13位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
465,614

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から