日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


読売新聞朝刊 2000年9月25日
日韓首脳会談 北朝鮮支援思惑に相違 金大統領が経済協力要請
 
 ◆「国交が先決」冷めた目/日本 「日本取り込み」不可欠/韓国
 二十四日の日韓首脳会談で、韓国の金大中大統領が北朝鮮への大型の経済支援について日本の協力を要請したのは、朝鮮半島の平和と安定のためには北朝鮮の経済回復が必要で、そのためには日本はじめ国際社会の協力が欠かせないという大統領の基本認識を反映したものだ。大統領が就任以来進めてきた、北朝鮮に対する「太陽政策」に日本側も関与させたいとの狙いがある。(本文記事1面)
 大統領は、三月にベルリンで、北朝鮮に対して交通・電力などの社会資本(インフラ)整備など大型の経済支援を表明した。これが六月の南北首脳会談の実現に結びつき、南北共同宣言で「南北の経済協力を通じて、民族経済を均衡発展させる」とうたった。
 韓国側関係者は、「日本の協力を求める大統領の発言は、こうした基本方針を首脳レベルでも対外的にはっきりと宣言したものだ」と説明したが、同時に「首脳会談でここまで北朝鮮のインフラ整備を率直に求めるとはやや意外」と驚きも隠さなかった。
 一方の日本政府は、経済協力は日朝間の国交が正常化しなければできないとしている。「韓国の言う経済支援とはまさに北朝鮮の『国造り』。日本ではコメ支援を十万トン増やすだけでも反発が強い。支援といってもレベルが違い容易ではない」(外務省幹部)というわけだ。森首相が、国交正常化の大きな障害である北朝鮮の軍事力の脅威にも触れて、大統領に理解を求めたのは、日本側の世論の厳しさを伝えたかったためだ。
 日本政府は、今回の会談も踏まえ、十月中旬に予定している日朝国交正常化交渉への準備を急ぐ。同交渉では、経済協力問題が焦点となるが、朝鮮半島側の熱気とは裏腹に日本側には冷たい空気が漂っているのが現状だ。
 
 写真=熱海梅園を散策しながら談笑する森首相(右)と金大中韓国大統領(24日午前)=代表撮影
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
463,067

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から