日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


読売新聞夕刊 1995年3月10日
KEDO正式発足 日米韓が調印 北朝鮮との交渉焦点
 
 【ニューヨーク9日=大内佐紀】日本と米国、韓国の三か国は九日午後一時半(日本時間十日午前三時半)、ニューヨークの米国連代表部で朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)への軽水炉供与・経済支援のための国際コンソーシアム「朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)」設立協定に署名し、KEDOは正式発足した。これにより米朝の核問題をめぐる合意実施の枠組みが整ったことになり、焦点は四月二十一日が締結の目標とされている北朝鮮との軽水炉供与協定の交渉で、北朝鮮にいかに「韓国型」を受け入れさせるかに絞られることになった。
 設立協定には米国のロバート・ガルーチ朝鮮半島核問題担当大使、日本の遠藤哲也KEDO担当大使と、韓国の崔東鎮・軽水炉企画団長が署名した。三か国は署名後ただちに初のKEDO理事会を開催。この日、出されたオーストラリア、ニュージーランド、カナダの加盟申請を了承した。
 設立協定は、昨年十月の米朝核合意に基づき「韓国標準型」軽水炉二基が北朝鮮に供与されることを明記。北朝鮮は韓国型を拒否すると同時に、四月二十一日までに軽水炉供与協定が結ばれなかった場合、核開発計画の凍結を解除することも示唆しており、協議は曲折が予想される。(協定の要旨と関連記事2面に)
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
13位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
465,614

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から