日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


毎日新聞朝刊 2000年6月14日
社説 南北首脳初会談 未来のため着実な対話を
 
 南北朝鮮首脳の歴史的な握手は、実に劇的だった。
 13日午前、平壌郊外の順安空港。専用機のタラップを降りる金大中(キムデジュン)・韓国大統領を出迎えたのは、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の最高指導者、金正日(キムジョンイル)総書記だった。がっちりと握手を交わす2人の姿が、世界に向けて生中継された。
 分断以来55年ぶりに実現した南北首脳による初会談の滑り出しは、予期された以上に順調である。
 「長い歳月を遠回りに遠回りして、やっとのことで、ここ(平壌)まで来ました」
 金大統領の感慨は、韓国民共通の思いであろう。私たちは、この歴史的な対面を心から祝福し、平壌での首脳会談が朝鮮半島の平和定着のために、揺るがぬ土台になるよう期待したい。
 ちょうど50年前の6月、同じ民族同士が争った朝鮮戦争が始まった。両国民だけでも約126万人が死亡し、約1000万人といわれる離散家族を生み出した。その後も不信と対立の歴史を繰り返し、南北共同声明(1972年)、南北基本合意書(92年)などの進展があったものの、両首脳による直接対話は実現していなかった。
 南北首脳会談の実現は、金大統領が一貫して推進してきた北朝鮮への包容(太陽)政策の成果である。会談を受け入れた金総書記の決断も高く評価したい。
 両首脳による直接対話は、朝鮮半島の平和構築のための基本軸である。世界から信頼される両国関係を作るために、両首脳は率直に話し合ってほしい。
 20世紀が終わろうとする今、平壌での首脳会談は朝鮮分断史の転換点にならねばならない。そのような歴史的使命を帯びている。
 しかし、会談に過度の期待をかけるのは禁物である。金大統領もソウル出発に当たって「すべての問題を今回一回だけで解決できるとは考えていません」と述べている。
 会談初日を終えた両首脳に、それぞれ要望したい。
 まず金総書記は、金大統領との対話を通じて、明確なメッセージを平壌から世界に向けて発信してほしい。
 南北朝鮮の平和定着のために、どう行動するのか。北朝鮮は今後、東アジアの周辺国とどんな関係を結ぶのか。世界が金総書記の発言を注目している。「神秘的な指導者」のイメージを引きずることは、北朝鮮にとってマイナスである。
 金大統領には平壌訪問を通じて、金総書記と虚心坦懐(きょしんたんかい)に話し合える関係を作ってきてほしい。経済的な困窮が深まる北朝鮮を世界に向けて開かせるのは、アジアを代表する政治家にふさわしい仕事だ。
 日朝関係正常化にかける日本側の熱意と、核・ミサイル開発や日本人拉致(らち)に対する憂慮を、金総書記に語ってほしい。北朝鮮主導の会談になるのを韓国側として避けるのは、言うまでもない。
 両首脳は空港から同じ車に乗り、平壌市内の招待所(迎賓館)に着いた。金総書記は「(南北は)近いのだから、行ったり来たりしたい」と語ったという。
 金総書記のソウル訪問を期待したい。これは相互主義の原則だ。「一過性の政治ショー」を繰り返してはならない。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(28,694成果物中)

成果物アクセス数
462,081

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年4月22日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から