日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


毎日新聞朝刊 1997年9月29日
社説 朝鮮問題 対話の枠組みを維持せよ
 
 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)との各種の対話が閉ざされている。米朝のミサイル協議が中断し、朝鮮問題4者会談の予備協議は、19日に事実上決裂した。いずれも、再開の兆しはない。
 4者会談は、韓国、北朝鮮、米国と中国による朝鮮問題についての協議である。この4カ国が、同じテーブルにつくのは朝鮮戦争の休戦協定締結後初めてであった。
 会談では、朝鮮休戦協定を平和協定に変える問題など、恒久的な平和体制作りが話し合われるはずだった。朝鮮半島は、1953年以来休戦状態にあるが、なお平和協定が結ばれず対立と軍事緊張が続く。
 北朝鮮はこれまで、休戦協定を平和協定や新しい平和システムに変える提案を行ってきた。しかし、北朝鮮の目的が米国との交渉にしぼられていたため、韓国側が米朝2国間での交渉に反対を表明してきた。
 北朝鮮は、なお韓国の存在を公式には認めておらず、米朝2国間交渉にこだわった。このため4者の予備協議の前に米朝の準高官会談を行うことで、4者会談を米朝会談の一環と位置づけ、4者会談の準備協議に応じたわけだ。それだけに、予備協議はいつでも決裂する危険を抱えていた。
 さらに、北朝鮮は4者会談の本会談に応じる条件として、食糧支援、とくにコメの支援を要請した。また、在韓米軍の撤退問題を議題にするよう求めた。これに対し、米国と韓国は、食糧支援問題は4者本会談で話し合えるとして、事前の食糧支援約束に応じなかった。
 実は、予備協議決裂の背景にあったのは、ワシントンとソウル、それに平壌での強硬な対応を求める主張の高まりである。平壌では、軍部を中心に「譲歩し過ぎだ。何も成果がない」との外務省批判が広がっている。ワシントンでも、北朝鮮への食糧支援を先行させた国務省に、国防総省を中心に「弱腰だ」との批判が高まっていた。
 こうした環境の中で交渉に臨まざるを得なかった米朝の交渉代表にとって、譲歩できる余地は極めて少ない。それだけに、北朝鮮代表はコメ支援の要求を取り下げられなかった。一方、米代表の方も、これ以上の譲歩には踏み込めなかった。
 チャック・カートマン米代表は会談後「失望した。米側からは再び呼びかけない。米国では人道支援よりも、安全保障の優先度が高い」と、会談決裂を明らかにした。この発言には、米国の空気を北朝鮮に伝えようとする意向が込められている。
 一方、北朝鮮の金桂寛代表は「合意には達しなかったが、なお忍耐強く話し合いたい」と述べ、会談継続への意向を強調した。決裂にはしたくない意向を強く示したのだった。いずれにしろ、実務レベルでの接触は、継続される見通しだ。
 実務レベルの接触継続は、米朝の交渉が生み出した知恵である。本会談や交渉が決裂しても、対話の窓口を常に開けておくことで、妥協と打開の方向を見いだすやり方である。成果がなくとも続けるべきである。
 南北対話も中断され、日朝正常化交渉も再開されていない。北朝鮮は、外の世界との対話の窓口を閉じることなく、接触を継続してほしい。
 対話と継続こそが、成果を生み出すからだ。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
461,633

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から