日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


朝日新聞朝刊 1988年01月16日
天声人語
 
 「蜂谷真由美」の記者会見があった。これほど陰陰滅滅たる記者会見というのも、めったにないだろう。暗くて、重苦しくて、そのくせテレビの画面から目を離すことができない、という雰囲気があった▼大韓民国の捜査陣の発表では、真由美は、朝鮮民主主義人民共和国の金賢姫(キム・ヒョンヒ)だという。女性工作員は、テレビの画面で見る限りでは、会見中、終始うつむき、顔を上げなかった▼質問されると、しばらくいいよどむ。それがくせなのか、あるいは緊張のせいか、唇の両端を時々きゅっとひきしめる。やや厚めの形のいい下唇が動き、低い声で、つぶやくように語りだす。一筋なわでゆかぬ闘士というよりも、その表情には、少女の硬さが残っている▼ソウルに来て車で市内を見、テレビを見ているうちに、北朝鮮で考えていた現実と正反対のものであることがわかった。欺かれて生きてきたことがわかり、裏切られた感じがした、と金賢姫はいう▼この発言が本気なら、彼女は、欺かれて115人の命を奪ったことのおろかさを、命を奪った後に悟ったことになる。恐ろしい話だ。ソウル支局から届いた長文の会見内容を読むと、初めは「記者会見はやめてくれ。静かに死なせてくれ」といっていたらしい。「私は100回死んでも当然です」ともいっている。会見内容にはなお虚実があるだろうが、それを読み、むざんだという思いが消えない▼五輪開催を混乱させる、というおろかしい指令があったとすれば、そのために命を奪われた人びとがむざんである。身をさらして罪をわびる工作員もむざんだ。金賢姫がうつむき続けたのは、彼女がとりえた唯一の拒否の姿勢であったのかもしれないし、罪の意識のためであったのかもしれない▼会見の最後に、今度の事件は「無意味でむなしいこと」だったと彼女はいった。無意味でむなしい事件の筋書きを書き続けるのはなにものか。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
13位
(28,995成果物中)

成果物アクセス数
464,104

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年8月12日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から