日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


朝日新聞朝刊 1988年01月16日
金賢姫(真由美)爆破認める
金正日氏が指令 韓国が発表
 
 【ソウル15日=田中特派員】大韓航空機事件で韓国の合同捜査本部は15日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金正日書記の親筆指令に基づき、ソウル五輪妨害を狙った「爆弾テロ」事件と断定した内容の捜査結果を発表した。発表によって、新たに(1)金正日書記の親筆指令では、昨年11月29日の大韓機858便の爆破を具体的に命じていた(2)計画は、「完全犯罪」を狙って2カ月間、綿密に練られた(3)朝鮮労働党中央委調査部所属の特殊工作員だった、「蜂谷真一」を名乗る金勝一=キム・スンイル(69)=と、同じ特殊工作員だった「真由美」を名乗る金賢姫=キム・ヒョンヒ(25)=の2人の「爆破実行部隊」とは別に、ベオグラードで時限爆弾を渡した同調査部崔課長ら「外交官」2人の「支援部隊」が、外交官旅券を使って平壌から直前まで同行していた(4)賢姫の工作員教育には、日本からら致された日本人女性工作員があたった――などが明らかとなった。このあと、金賢姫も記者団の前に姿をみせて会見、流ちょうな朝鮮語で約15分間、質問に答え、「秘密を守ろうと思ったが、韓国の実情を見て話す気になった。私はだまされていた。遺族の人たちにすまない気持ち。少しでも罪滅ぼしになるよう、真相を明らかにしたい」と述べ、涙を見せながら犯行を全面的に認め、わびる意向も示した。また、韓国国防省は15日午後、全軍に特別警戒強化令を出した。ソウル五輪への参加申請締め切りの17日を前に、朝鮮半島は、新たな緊張状態に包まれることになった。
 発表や捜査担当官の説明によると、金正日書記は昨年10月7日、朝鮮労働党中央委調査部長を通じて、金勝一、金賢姫に親筆の工作指令を下した。指令内容は、▽党は、韓国で開かれるソウル五輪の単独開催を阻止するため、大韓機1機の爆破を決めた▽五輪へ参加する世界各国の意向に、冷水をあびせる、などとなっていた。
 2人は同日から1カ月間、平壌で特殊爆破訓練を受け、時限爆弾を機内に設置、原因不明の爆発を装い、証拠は残さないことなど「完全犯罪」を達成するよう指示を受けた。平壌を出発する2日前の同11月10日には、調査部長が金正日書記の親筆指令であることを強調しながら、2人に「大韓機858便を爆破せよ」と最終指令を出した。出発当日の同12日朝6時、2人は金正日書記の写真の前で金賢姫が代表して、「戦闘任務を力いっぱい果たす」などとする宣誓文を朗読したという。
 2人は、宣誓直後の同日朝、平壌の順安飛行場から、調査部副部長の見送りを受け、崔課長、崔指導員に引率されて出国した。崔課長と指導員は、北朝鮮の外交官旅券を持っていた。この2人の「外交官」は、ベオグラードまで「支援部隊」として影のように同行し、そこのホテルの部屋で、崔課長は、ラジオの時限爆弾と液体爆弾の入った酒びんを金勝一ら2人に手渡した。大韓機の爆破決行後、2人はウィーンへ脱出して、崔課長と合流して平壌に戻る計画だった――などとしている。
 また、賢姫は平壌市内の小学生時代に劇映画の子役をしたことがあり、1972年11月に平壌で開かれた南北会談に出席した韓国側代表に花束を贈ったこともあった。労働党中央委調査部の工作員に選抜されたあと、81年4月から約2年間、平壌市内の工作員訓練所で、日本からら致されてきた日本人女子工作員と寝食を共にしながら、日本語や日本の風習、生活など日本人として偽装するための教育も受けていたという。
 一方、実行部隊の主犯格の金勝一は、4カ国語にたん能、電気技術部門に専門知識を持っている精鋭の特殊工作員でもあった。
 15日午前、国家安全企画部(ANSP=旧KCIA)の講堂で、当局による捜査結果の発表のあと記者会見に臨んだ金賢姫は、犯行を全面的に認めた。
 
 
韓国の実情知り後悔 金賢姫
 
【ソウル15日=波佐場特派員】記者団と金賢姫の一問一答の主な内容は次の通り。
 
 ――どうして大韓航空機を爆破したのか。また、どうやって時限爆弾をセットしたのか。
 金 (約30秒の沈黙のあと)ベオグラードのメトロポールホテルで、(平壌を)一緒に出た崔課長から爆破用のラジオと酒びんを渡してもらいました。それをホテルで買ったビニール袋に入れ、それを持ってベオグラードからバグダッドに来ました。バグダッドでは、手荷物検査とボディーチェックを受ける時に、私の持っていたラジオの電池のために検査にひっかかり問題になりました。
 その時、一緒にいた金(勝一)先生が抗議し、ラジオの電池を取り戻し、第1次検査を終わりました。2次の検査では、これを金先生に渡し、無事に通過できました。検査が終わったあとホールに入って、金先生がラジオの電池を入れ替えました。9時間後に爆発するようスイッチを作動させました。ラジオと液体爆弾である酒のびんをいっしょに入れてから飛行機に乗りました。ビニール袋を棚の上に置いて、降りました。
 ――どんなきっかけから心境の変化を起こしたのか。
 金 (北朝鮮を)離れた時から、こんどの事件の秘密を守ろう、と思っていました。親愛なる指導者同志の権威を守るために否認しました。
 ところが、ソウル市内の景色や人民らの姿を見、さらにテレビを通じて多くの物を見ました。捜査官やその他の人々の話を通じて、私があそこ(北朝鮮)で考えていたものとは、あまりにも正反対の現実であることがわかるようになりました。それで、私があそこで欺かれて現在まで生きてきたことがわかりました。裏切られた感じがして、憤りを覚えました。
 ――現在の心境は?
 金 初め私は……罪を犯した者として、こんどの事件で亡くなった方々とその家族が大きな衝撃を受けただろうとすまない気持ちで……ここの人民の前に出て来る勇気がなくて、最初は記者会見をやめてくれるように言いました。ただ静かに死ねるようにして下さい、と言いました。そんな考えを捨てて私がここに出てくることになったのは、車に乗って市内を通りながら、発展した姿と人民らの自由な表情を見、テレビを通じても多くのものを感じたからです。
 私は罪を犯した者なので、100回死んでも当然です。しかし、このような真実を知った以上、事件の真相を明らかにするのが、亡くなった方々と家族の人たちに少しでも罪滅ぼしになる、と考えました。多くの罪のない人民らが犠牲になるような、暴力的で無意味な事件が二度と起きないことを望んでいるために、この席に出て来ました。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
463,398

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から