日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


朝日新聞朝刊 1985年05月25日
'85春・北朝鮮から:10
農業優遇
増産へ手厚い補助 作業に応じ分配、高収入
 
 上空から見ると、平地は全面、規格化された米や麦の田畑、ちょっとした丘は頂上までトウモロコシなどの段々畑が続く。ところどころに、かんがい用の貯水池。果樹園も含め、耕せるところは耕し尽くしたように見える。「朝鮮半島の北は工業、南は農業」といわれた植民地時代が想像もできない景観である。
 
 独特の労働採点制
 
 多くの社会主義国が農業不振に悩んでいる時、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が、国連食糧農業機関(FAO)の推定で世界一の反当たり収量をあげ、食糧自給を達成したのはなぜか。それを知ろうと、平壌市郊外の七谷協同農場を訪れた。
 レンギョウとスモモの花が咲き乱れる農場は、田植え前の準備で忙しかった。苗代では、女性がビニールの覆いをはぐり、苗に水をやっている。ほぼ全員が農作業に出て、2階建てのテラス式が並ぶ住宅はからっぽ。100平方メートルほどの家庭菜園に、エンドウマメやネギが植えてある。住宅地の中心にある幼稚園から、子どもの喚声がきこえていた。
 ビニールハウスで取れたばかりのイチゴをすすめながら、村長さんという感じの趙煥成・管理委員長が説明する。
 「この協同農場は、水田300ヘクタール、野菜などの畑200ヘクタール、果樹園100ヘクタールの合計600ヘクタール。これを365戸、765人の農民が、41台のトラクターと17台のトラックを使って耕しています。世帯当たりの農地は1.6ヘクタール強。昨年は1ヘクタール当たり8.7トンの米(モミ付き)、10トンのトウモロコシなどを収穫しました」
 分配の仕方が独特だ。「畑でのタネまきは3級」「トラクターの運転は6級」というように、すべての農作業が4段階に格付けされ、3級の仕事を1日やれば1点、6級なら1.6点などの点数が与えられる。能率良くタネまきをし、標準の5割増しの面積を1日で終われば、1.5点になる。こうした作業点数を作業グループの長が調べ、10日に一度ずつ公示。年末に集計された点数に従って、分配が行われる。働けばそれだけ収入が多くなる仕組みが、月給制の工場労働者より徹底している。農業好調の1つの理由がここにあるようにみえた。
 
 国が逆ザヤ穴埋め
 
 「この農場では昨年、1戸平均で8.3トンの穀物と、野菜や果物を売った現金2200ウォン(1ウォン=約100円)を分配しました。自家消費を除いた穀物を国家に売り、1世帯平均7800ウォン(約78万円)の年収です」。農民数で単純に割り算すると、1人1カ月約300ウォン。工場労働者の平均月収90―100ウォンに比べて3倍にもなる。貯金も1戸1万ウォンはあるそうだ。
 大都市周辺にあって現金収入が多いこの農場は、恐らく恵まれた例だろう。それにしても、なぜこんなに収入が多くなるのか。その秘密は、この国の農業優遇政策にある。
 まず政府は、すべての穀物を高値で無制限に買い上げる。精米1トン600ウォン(約6万円)という買い上げ価格は、日本の31万円とは比較にならないが、国際指標になっているタイ米の5万4000円を上回る。これを政府は80ウォンで配給しているから、財政は520ウォンもの逆ザヤを埋めているわけだ。
 そのうえ政府は、貯蔵庫を建設したり、トラクターを購入したりして、農場に貸す。農民はその減価償却分だけを国家に収めればよい。石油の出ないこの国で、石油製品は大変な貴重品だが、農場が使うガソリンは1リットル0.17ウォン、軽油は0.1ウォンである。政府がかなりの補助をしているらしい。
 北朝鮮の財政収入は、国営工場などの取引や利益にかかる税によってまかなわれている。とすれば、農業の“輝かしい成果”は、工業の犠牲の上に築かれたものだともいえる。
 
 さらに耕地拡大へ
 
 昨年の穀物生産が1000万トンに達したのを踏まえ、北朝鮮は「1980年代末に1500万トン」という大増産計画を進めている。
 質の面ではまだ不十分な食生活を改善し、米の輸出を増やして外貨を稼ぐのが狙いで、その方法は2つある。1つは、30万ヘクタールの海面干拓と陸上20万ヘクタールの新規開墾によって、耕地面積を今より25%増やすこと。もう1つは、品種改良などによって、現状では1ヘクタール7.4トンの平均収量を10トンに増やすことだ。
 徹底した農業重視路線は、当分変わりそうにない。
 (岡田 幹治記者)
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
463,398

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から